総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2018年 > 松山市で「災害情報伝達に関するセミナー」を開催 ≪地域の特性・実情に最適な災害情報伝達手段の整備に向けて≫

報道資料

平成30年10月10日
四国総合通信局

松山市で「災害情報伝達に関するセミナー」を開催
≪地域の特性・実情に最適な災害情報伝達手段の整備に向けて≫

四国総合通信局(局長:村松 茂(むらまつ しげる))は、平成30年11月6日(火)に松山市において「災害情報伝達に関するセミナー」を開催します。
自然災害が頻発しているなか、災害時に正確でより詳しい情報をひとりでも多くの方に、できるだけ速やかに伝えることが求められています。
セミナーは、主に地方公共団体で災害時の報提提供を担当している職員の方々と共に、地域の特性・実情に最適な情報伝達手段とは何か、どう整備していくのかを考えるために、「生きた事例」を紹介するとともに今後の課題や展望を探り、これからの防災・減災対策に役立てていただくことを目的としています。

1 開催日時

  平成30年11月6日(火)13時30分から16時40分まで   (12時30分から受付開始)

2 開催場所

  ピュアフル松山勤労会館 5階 白鷺の間  (松山市宮田町132)

3 プログラム

(1)講演
演題:災害情報伝達のいまとこれから
講師:東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター
特任助教 宇田川 真之(うだがわ さねゆき) 氏

(2)事例紹介
平成30年7月豪雨の対応や災害時の先進的な情報伝達手段の取組を紹介
愛媛県県民環境部防災局防災危機管理課長 東 公弘(ひがし きみひろ)氏
宇和島市総務部危機管理課長 山下 真嗣(やました しんじ)氏
新居浜市消防本部次長 高橋 裕二(たかはし ゆうじ)氏
大洲市総務部危機管理課長 丸山 幸宏(まるやま ゆきひろ)氏

(3)パネルディスカッション
事例等を踏まえ、今後の災害時の情報伝達の課題や展望を探る

《コーディネーター》
愛媛大学大学院理工学研究科電子情報工学准教授 防災情報研究センター 都築 伸二(つづき しんじ)氏
《パネリスト》
東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター 特任助教 宇田川 真之 氏
愛媛県県民環境部防災局防災危機管理課長 東 公弘 氏
宇和島市総務部危機管理課長 山下 真嗣 氏
新居浜市消防本部次長 高橋 裕二 氏
大洲市総務部危機管理課長 丸山 幸宏 氏

(4)機器展示(12時30分〜)
各種災害情報伝達機器等を展示します。

4 申込方法

参加を希望される方は、平成30年10月31日(水)までに、次のいずれかの方法で四国総合通信局(陸上課)までお申込みください。
(1)電子メール
次の必要事項を電子メール本文に記載し、以下の電子メールアドレスあてに送信してください。なお、件名は「災害情報伝達に関するセミナー申込み」としてください。
ア 氏名 イ 所属・役職 ウ 連絡先(電子メールアドレス・電話番号)
電子メール: shikoku-rikujyou_atmark_soumu.go.jp
(注意)スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。
送信の際は「_atmark_」を「@」に変更してください。
(2)FAX
別添の開催案内兼参加申込書に必要事項を記載し、以下のFAX番号あてに送信してください。
FAX:089−936−5008

5 募集定員

  100名(参加無料)

6 主催等

  主催:四国総合通信局
  後援:愛媛大学防災情報研究センター(予定)、四国地方非常通信協議会、四国情報通信懇談会(予定)

7 個人情報の取扱い

  参加申込みの際にいただいた個人情報は、本セミナーを実施する目的以外には使用せず、開催後は速やかに破棄します。

【別添】開催案内兼参加申込書PDF

連絡先
四国総合通信局 無線通信部 陸上課
担当:金子課長、上田上席電波検査官、松下上席電波検査官
電話:089-936-5066
FAX:089-936-5008
電子メール:shikoku-rikujyou_atmark_soumu.go.jp
(注)スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。送信の際は「_atmark_」を「@」に変更してください。

ページトップへ戻る