総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2019年 > 不法電波に待ったなし! ≪「電波利用環境保護周知啓発強化期間」及び「不法無線局取締り強化期間」のお知らせ≫

報道資料

令和元年5月30日
四国総合通信局

不法電波に待ったなし!
≪「電波利用環境保護周知啓発強化期間」及び「不法無線局取締り強化期間」のお知らせ≫

近年、電波利用は、国民の安全な生活に密接に結びつく重要無線通信※、無線LANのほか、ドローンをはじめとするロボット、医療など様々な分野へ拡大しており、混信・妨害を排除し良好な電波利用環境を維持することが重要な課題となっています。
総務省では、「不法電波に待ったなし!」をキャッチフレーズに、令和元年6月1日(土)から6月10日(月)までを「電波利用環境保護周知啓発強化期間」とし、電波利用環境保護に関する周知・啓発を行います。
また、令和元年6月1日(土)から6月30日(日)までを「不法無線局取締り強化期間」とし、不法無線局の排除につとめ、良好な電波利用環境の整備を推進していきます。
四国総合通信局(局長:村松 茂(むらまつ しげる))では、公共機関等でのポスター掲出、新聞広告や公共交通機関の中吊り広告等により電波利用ルールの遵守を呼びかけるとともに、不法無線局を排除するため捜査機関との共同取締りを実施し、良好な電波利用環境の整備を推進していきます。
※重要無線通信:緊急時や災害時などの非常時に使用する船舶の遭難通信、警察無線、消防・救急無線、防災行政無線、国民生活に身近な放送、携帯電話など混信妨害を受けると社会的な影響が大きい無線通信。

1 「電波利用環境保護周知啓発強化期間」の取組

令和元年6月1日(土)から6月10日(月)までの間、正しい電波の利用ルール等に関する周知啓発活動を集中的・重点的に行います。
(1) 公共機関等でのポスター(別添参照)の掲出とリーフレットの配布
四国管区警察局、四国運輸局、各県トラック協会、無線機販売店等においてポスターの掲出及びリーフレットの配布
(2) 新聞広告の掲載
四国4県の日刊紙4紙に広告を掲載
(3) 公共交通機関への中吊り広告の掲出
四国4県の鉄道・バス12社の車両に中吊り広告を掲出
(4) 懸垂幕の掲示
四国総合通信局庁舎に懸垂幕を掲出

2 「不法無線局取締り強化期間」の取組

令和元年6月1日(土)から6月30日(日)までの間、四国管内警察署と共同で不法無線局の取締りを行うなど、重点的に不法無線局対策を実施します。

《参考資料》
【令和元年度電波利用環境保護活動用ポスター】

 

連絡先
(電波利用環境保護周知啓発強化期間の取組に関するお問合せ先)
四国総合通信局 電波監理部 電波利用環境課
担当:笠井課長、山下課長補佐
電話:089−936−5055

(不法無線局取締り強化期間の取組に関するお問合わせ先)
四国総合通信局 電波監理部 監視調査課
担当:河原課長、安永上席電波監視官
電話:089−936−5051

ページトップへ戻る