災害情報伝達に関するセミナー

西日本の総合通信局(近畿・中国・四国・九州)が共同開催

相次ぐ大規模災害の発生を受けて”伝える”から”伝わる”へ災害情報伝達のあり方を考える

近年、豪雨災害や大規模地震が相次ぐ中、西日本の総合通信局(近畿(局長:大橋 秀行)・中国(局長:長塩 義樹)・四国(局長:村松 茂)・九州(局長:森 孝))は、防災・減災に協力して取り組んでいます。

異常気象の激化・常態化を背景に、そうした取り組みの一環としてそれぞれの被災経験なども踏まえて情報共有の機会を作り、地方公共団体の担当職員の方々に今後の取り組みのためのヒントを持ち帰っていただける「災害情報伝達に関するセミナー」を4局で共同して企画、開催することといたしました。

本セミナーでは、災害情報提供に課題を抱えている地方公共団体と総合通信局が協働して課題を解決する契機として、地域の特性・実情に応じて”生きた”事例を学びあう場を目指します。

  
  近畿総合通信局 中国総合通信局 四国総合通信局 九州総合通信局
日時 平成30年11月5日(月)
9時30分から16時50分まで
平成31年1月17日(木)
13時30分から17時30分まで
(12時30分から受付開始)
平成30年11月6日(火)
13時30分から16時40分まで
(12時30分から受付開始)
(1)平成30年10月15日(月)16時00から17時30分まで
(2)平成30年11月14日(水)14時00分から16時30分まで
会場 大阪歴史博物館
《セミナー:講堂》
《展示会:第1研修室》
(大阪市中央区大手前4-1-32)
ホテルメルパルク広島
6階「平成」
ピュアフル松山勤労会館
5階 白鷺の間
(松山市宮田町132)
(1)熊本市国際交流会館7階
(熊本市中央区花畑町4-18)
(2)KKRホテル熊本2階
(熊本市中央区千葉城町3-31)
内容
申込方法
終了しました
開催概要はこちらをご覧ください
開催結果はこちらをご覧ください
こちらをご覧ください 終了しました
開催概要はこちらをご覧ください
開催結果はこちらをご覧ください
(1)終了しました
開催概要はこちらをご覧ください
開催結果はこちらをご覧ください
(2)こちらをご覧ください
問合先 防災対策推進室
(大角、小田、渡辺)
電話:06-6942-8504
防災対策推進室
電話:082-222-3371
無線通信部陸上課
電話:089-936-5066
防災対策推進室
(露口、中岡)
電話:096-326-7334

四国総合通信局「災害情報伝達に関するセミナー」
地域の特性・実情に最適な災害情報伝達手段の整備に向けて(平成30年11月6日開催)

プログラムPDF

・主催者挨拶(13:30〜13:40)
演題 講師 配布
資料
災害時の情報伝達手段の確保
(地域の特性・実情に最適な災害情報伝達手段を整備)
四国総合通信局長
村松 茂
PDFPDF


・講演(13:40〜14:15)
演題 講師 配布
資料
災害情報伝達のいまとこれから 東京大学大学院情報学環総合防災研究センター特任教授
宇田川 真之 氏
PDFPDF

・事例紹介(14:15〜15:25)
平成30年7月豪雨の対応や災害時の先進的な情報伝達手段の取組紹介
演題 講師 配布
資料
平成30年7月豪雨災害における愛媛県の情報通信対応について 愛媛県県民課環境部防災局防災危機管理課主幹 
秋月 平 氏
PDFPDF
大洲市における防災行政無線の活用
―地域防災力の向上のために―
大洲市総務部危機管理課長
丸山 幸宏 氏
PDFPDF
宇和島市の住民への情報伝達について 宇和島市総務部危機管理課長
山下 真嗣 氏
PDFPDF
新居浜市における災害情報伝達手段 新居浜市消防本部次長
高橋 裕二 氏
PDFPDF

・パネルディスカッション(15:40〜16:40)
事例等を踏まえ、今後の災害時の情報伝達の課題や展望を探る
演題 コーディネーター 配布
資料
決して未来ではない「もしも」に備えて
愛媛大学大学院理工学研究科電子情報工学准教授
愛媛大学防災情報研究センター
都築 伸二 氏
PDFPDF
 ≪パネリスト≫
 東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター特任教授   宇田川 真之 氏
 愛媛県県民課環境部防災局防災危機管理課主幹             秋月  平  氏
 宇和島市総務部危機管理課長                         山下 真嗣 氏
 新居浜市消防本部次長                              高橋 裕二 氏
 大洲市総務部危機管理課長                           丸山 幸宏 氏

・閉会(16:40)

ページトップへ戻る