ケーブルテレビの普及状況

表:ケーブルテレビの普及状況
区分 事業者数 加入世帯数(H29.3末) 加入世帯数(H30.3末) 加入世帯数の伸び率 世帯
普及率
(注4)
RF方式
(注2)
IPマルチキャスト方式
(注3)
加入世帯数 うちIPマルチキャスト方式加入世帯数 加入世帯数 うちIPマルチキャスト方式加入世帯数
徳島県 20 1 3 299,002 3,019 303,059 2,846 1.4% 90.7%
香川県 6 0 120,523 6,282 121,891 6,270 1.1% 27.9%
愛媛県 11 1 240,681 9,184 242,426 9,122 0.7% 37.2%
高知県 7 0 86,917 5,602 87,787 5,555 1.0% 24.9%
四国 43
(注5)
5
(注6)
747,123 24,087 755,163 23,793 1.1% 42.6%
全国 504 5 2,980万世帯 94万世帯 3,022万世帯 92万世帯 1.4% 52.6%
 
(注1)「ケーブルテレビ」とは、501端子以上の有線電気通信設備を使用して自主放送を含む映像サービスをおこなっているものを指す。
(注2)RF方式は、高周波信号等により伝送する従来の方式
(注3)IPマルチキャスト方式は、インターネット利用技術を用いた方式
(注4)世帯普及率は、平成29年1月1日現在の住民基本台帳世帯数から算出
(注5)4県の合計は「44」であるが、徳島県と香川県双方でRF方式により放送を行う事業者が1者であるため重複排除し「43」となる。
(注6)全国でIPマルチキャスト方式により放送を行う事業者が3者、IPマルチキャスト方式及びRF方式の両方式で放送を行う事業者が2者(徳島県1、愛媛県1)。
 

ページトップへ戻る