災害対策用移動電源車の貸与

 信越総合通信局では、震災、火災、風水害、暴動その他非常の事態が発生し、又は発生するおそれがある場合に、地方公共団体や民間事業者からの要請により、「移動電源車を貸与」する体制を整備しています。

  これにより、災害発生時に通信・放送設備の電源供給が途絶し、または、そのおそれのある場合、移動電源車から必要な電源を供給して情報通信ネットワーク等を維持し国民の生命・身体の安全や行政機能を確保することができます。

  信越管内で通信・放送設備の災害応急、復旧対策を行う地方公共団体や民間事業者の皆様が移動電源車の貸与を希望される場合は、以下までお申し出ください。
 ただし、「貸与」につきましては、全国の配備状況や出動状況等により、ご要望に添えない場合もありますので、予めご了承ください。

 信越管内において、移動通信機器の貸与を希望される場合は、以下の表により担当課までお申し出ください。
貸与対象団体 担当課 電話番号
地方公共団体 無線通信部陸上課 又は
総務部総務課
026−234−9984(陸上課)
026−234−9962(総務課)
026−234−9971(電気通信事業課)
026−234−9962(総務課)
電気通信事業者 情報通信部電気通信事業課 又は
総務部総務課
放送事業者 情報通信部放送課 又は
総務部総務課
026−234−9938(放送課)
026−234−9962(総務課)

1.貸与の対象

  地方公共団体(無償貸与:ただし、燃料費のみ負担)
  民間事業者 (有償貸与:必要経費+燃料費を負担)

2.貸与手続き

3.移動電源車の仕様(当局配備分) 

 表 記  小型移動電源車
 車両外観  
 発電容量  単相5.5KVA
 供給対象施設 防災行政無線の中継局、放送中継局 等
(電源の取り口は、一般的なコンセントタイプ。圧着端子コネクター有り。)
 信越局配備台数 1台

4.全国の配備状況

管内に貸与すべき移動電源車が無い場合は、隣接の総合通信局と連携して対応します

5.移動電源車貸与のイメージ

通信設備の電源が途絶した場合、各総合通信局から全国の総合通信局に配置し、電源の確保によりネットワークを維持する

ページトップへ戻る