臨時災害放送局用機器の貸与

 信越総合通信局では、災害時において、被害情報や避難情報を地域住民に確実に提供するため、地方公共団体に臨時災害放送局用の機器を無償で貸し出します。 
 また、平時(災害時以外)には、防災訓練等での住民の防災意識の向上のためのデモンストレーションを行う場合や災害時を想定した臨時災害放送局開設の事前調査用としても、地方公共団体に無償で貸し出します。
 信越管内の災害対策本部等において、臨時災害放送局用機器の無償貸与を希望される場合は、 情報通信部放送課(026-234-9938又は090-3145-9497)まで、お申し出ください。

臨時災害放送局の活用イメージ PDF  
 
 
表1 臨時災害放送局用機器の概要
所有者 信越総合通信局
発射可能な周波数 76.1MHz〜89.9MHz
0.1MHz間隔
電波の型式 200K F3E
200K F8E
空中線電力 10W〜100W
設備の形態等 可搬型2分割 約60Kg
その他アンテナ等
 

(写真) 臨時災害放送局設備
臨時災害放送局用機器等の仕様PDF 
 
表2 貸出基準等
貸出先 地方公共団体であること。
貸出条件 次のいずれかに該当すること。
1 災害時において、当該地方公共団体が臨時災害放送局を開設し、被害情報、避難情報等の情報を放送する場合
2 当該地方公共団体が主催又は参加する防災訓練や災害時を想定した臨災局用機器の電波伝搬調査を行う場合
貸出手続 書面により借受申請書を提出していただきます。
ただし、災害時で借受申請書の授受を行うことが困難であって、信越総合通信局で借受要請者の真正性が確認できる場合は、緊急的措置として、口頭により借受申請の受付と貸付承認を行います。
なお、口頭による借受申請等をおこなった場合は、おって遅滞なく書面による借受申請書を提出していただきます。
借受申請書PDF
貸出期間 6月以内
貸出費用 無償で貸し出します。
なお、機器の引渡し及び返却に係る費用、借受期間中の運用に係る費用等は借受者に負担していただきます。
無線局の免許 無線局の免許を取得していただきます。
引渡し及び返却 借受要請の受付時に、場所及び手段について確認させていただきます。 原則として信越総合通信局での引渡し、返却となります。
なお、災害時等これが困難な場合には、当局が運用場所まで搬入、搬出する場合もあります。
借受書PDF

ページトップへ戻る