総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 国際VHFを使用した船舶共通通信システムの簡易な免許手続

国際VHFを使用した船舶共通通信システムの簡易な免許手続

 総務省では、船舶の安全な航行に関する重要な通信を行うことができる国際VHFの普及を図るため、平成21年10月に「船舶共通通信システム」として制度改正を行いました。これにより、要件を満たす国際VHFであれば、比較的簡易な手続きで無線局免許を取得することが可能となりました。

 レジャー船や小型漁船等に「技術基準適合証明又は工事設計認証を受けた国際VHF」を設置して運用する特定船舶局の免許申請等の方法について説明いたします。

  なお、船舶に搭載する設備がレーダーのみの場合は、無線航行移動局になります。免許申請等の様式は、特定船舶局の場合と同様になります。

 書面で申請される方は、該当の様式等を以下から選び、一度保存してからお使いください。

1 無線局免許申請等の方法

1−1 免許申請・再免許申請

ア 様式および記載例

アマチュア局
種別 ダウンロード
様式
(Word
/Excel形式)
様式

(PDF形式)
記載例

(PDF形式)
無線局免許申請書
/無線局再免許申請書
44KBWORD 144KBPDF 免許
342KBPDF
再免許
418KBPDF
無線局事項書及び工事設計書 63KBEXCEL 131KBPDF 免許
72KBPDF
再免許
349KBPDF
 なお、一般財団法人情報通信振興会(電話03−3940−3951)から、申請用紙(有料)を取り寄せることができます。
 

イ 申請書及び添付書類の提出部数

申請書類の種別 提出
部数
備考
無線局免許申請書 1 収入印紙は割印(消印)しないでください。
無線局事項書及び工事設計書 2 1部は写し証明をして、お返しします。
船舶の実在を証明する書類 1 船舶検査証書、国籍証書等のコピー(※1)
または、動力漁船登録票のコピー(※2)
海岸局加入証明書 1 海岸局に加入している場合に限ります。
ch71、74、79、86(※)を使用するときは、海岸局に加入する必要があります。
※ch86は平成32年3月31日までの使用期限となります。
無線従事者選(解)任届 2 選任の日は「免許の日」と記載してください。
  様式はこちらWORDです。
  記載方法はこちらPDFです。
1部はお返しします。
返信用封筒 1 無線局免許状(A4サイズ)等を送る返信用封筒は、定型、定型外どちらでも結構ですが、定型の場合は92円、定型外の場合は140円分の切手を貼付し、返信先を記入してください。
その他 1 船舶の運航者が無線局の免許人となります。
船舶の所有者と運航者が異なる場合には、所有者から運航者へ運航委任されていることがわかる書類(運航確約書等)が必要です。
  ひな型はこちらWORDです。
  記載方法はこちらPDFです。

(※1)日本小型船舶検査機構等の公的機関が発行した船舶の実在を証明する「船舶検査証書」等の書類(コピー)で、船名、船舶番号、総トン数、船舶の長さ、用途、所有者、航行区域又は従業制限等を確認します。
(※2)小型漁船の場合には、都道府県知事が交付する動力漁船登録票(コピー)で確認します。

ウ 申請手数料  

無線局の種別 空中線電力
(基本設備)
新たな免許の
 申請手数料
 [電子申請の場合]
再免許
申請手数料
 [電子申請の場合]
プレジャーボート、ヨット等の船舶局(総トン数500トン未満の漁船の船舶局を除く。) 10W以下 7,100円
[4,900円]
3,350円
[2,400円]
10Wを超え〜
50W以下
10,000円
[7,200円]
総トン数500トン未満の漁船の船舶局 10W以下 4,600円
[2,950円]
2,100円
[1,350円]
10Wを超え〜
50W以下
6,700円
[4,850円]
船舶の無線局で無線設備が遭難自動通報設備又はレーダーのみのもの(無線航行移動局)   4,600円
[3,300円]
2,100円
[1,350円]
  • 申請手数料として申請書に貼る収入印紙は、郵便局等で購入してください。
  • 総合通信局で収入印紙を消印しますので、申請者の印鑑等で割印などはしないでください。
エ 再免許申請の申請期間等

  無線局免許は、免許を取得した日から5年で有効期間が切れます。継続して使用される場合には、免許状に記載されている「免許の有効期間満了日」の6か月前から3か月前の間に再免許申請(書面による申請の場合)を行ってください。免許の有効期限を越えて運用を続けていると、電波法違反となり処罰されます。
 再免許の申請は、上記アにおいて再免許申請書を選択し、上記ウの再免許申請手数料を添えて、提出してください。
  

1−2 変更等申請及び届出

 既に船舶局の免許を取得しており、同一の船舶に「技術基準適合証明等を受けた国際VHF」を新たに追加又は取替える場合は、新たに無線局免許申請を行うのではなく、現在お持ちの船舶局の免許について、変更の手続きを行っていただくこととなります。

アマチュア局
種別 ダウンロード
様式
(Word
/Excel形式)
様式

(PDF形式)
記載例

(PDF形式)
無線局変更等申請書及び届出書 38KBWORD 129KBPDF 324KBPDF
無線局事項書及び工事設計書 63KBEXCEL 131KBPDF 301KBPDF
 

1−3 廃止届

 船舶等を売却する等により無線局を廃止する場合は、廃止届を提出してください。
 また、無線航行移動局に国際VHFを追加すると無線局の種類が変更(無線航行移動局→船舶局)となるため、現在お持ちの無線航行移動局の免許を一旦廃止し、新たに船舶局として開設する手続きが必要となります。
 新たに船舶局として開設する手続きにつきましては、上記1-1(免許申請)をご覧ください。

アマチュア局
種別 ダウンロード
様式
(Word
/Excel形式)
様式

(PDF形式)
記載例

(PDF形式)
無線局廃止届出書 36KBWORD 121KBPDF 347KBPDF
 

1−4 申請書等の提出先(主たる停泊港が新潟県内の場合)

名称 郵便番号 住所 担当部署 電話番号等
総務省信越総合通信局 380-8795 長野市旭町1108
長野第一合同庁舎
無線通信部
航空海上課
Tel 026-234-9982
fax 026-234-9947
(注)主たる停泊港が新潟県外の場合は、停泊港のある県を管轄する総合通信局へご相談ください。
  総合通信局の管轄地域と所在地(問い合わせ先)については、こちら別ウィンドウで開きます(総務省 電波利用HP)をご覧ください。

2 FAQ

Q.携帯型の国際VHF無線機を無線局免許状に記載されている船舶と異なる別の船舶で使用することは可能ですか?
A.電波法では、無線機とその設置場所(船舶)を一体で免許監理しておりますので、免許を受けた船舶以外で使用することはできません。
Q.国際VHF無線機を使用するために必要な資格は何でしょうか?
A.国際VHFの無線機の種類によって必要となる無線従事者の資格が異なります。
 ・携帯型5W(DSC※機能無)の国際VHF機の場合
 ・・・第3級海上特殊無線技士以上の資格
 ・携帯型5W(DSC※機能付)及び据置型25Wの国際VHF機の場合
 ・・・第2級海上特殊無線技士以上の資格 ※DSC:デジタル選択呼出装置。簡単な操作でグループ呼出等ができます。また、専用の周波数を使用して、遭難、緊急、安全通報を送信するための呼出し用として使用されます。
Q.無線従事者の資格を取得する方法を教えてください。
A.詳しくは「無線従事者」(信越総合通信局ホームページ)をご覧ください。
 URL: http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/faq/faqsikaku1.htm
 (信越HP→FAQ(よくある質問)→無線従事者)

3 参考

3−1 国際VHFに割当可能な周波数(チャンネル(ch))について

 
[呼出・応答用チャンネル]
16 一般呼出・応答用。遭難、緊急または安全のための呼出、応答および通報にも使用されます。
77 小型船舶同士または所属海岸局との呼出・応答用。小型船舶同士は16chの輻輳を避けるため、このチャンネルで呼出・応答することを推奨します。
70 DSC(デジタル選択呼出装置)での呼出・応答用。(注)
 (注)平常時にDSC機能付の無線機を操作するには、第2級海上特殊無線技士以上の資格が必要です。
 
[用途別通話チャンネル]
6,8,10 すべての船舶(主に航行用)
13 すべての船舶(航行安全通信用) ※海上保安庁の海岸局も含む
69,72,73 小型船舶間
9 海上保安庁の海岸局・船舶
11,12,14 海上保安庁・ポートラジオなど
71,74,79,86(※) マリーナ・セーリング連盟などのレジャー船用海岸局
※ch86は平成32年3月31日までの使用期限となります。
 運用方法等については、こちらPDFをご覧ください。
 

3−2 定期検査の実施について

[定期検査の実施周期]
定期検査なし 5W以下の携帯型国際VHF、若しくはこれに加えて技術基準適合証明等を受けている5kW未満のレーダーを設備するもの
定期検査あり
(実施周期5年)
上記以外のもの(27MHz帯の無線設備を併設するもの又は遭難自動通報設備(EPIRB,SART)が義務化されているものを除く)

 ご不明な点などございましたら、下記へお問い合わせください。
   総務省信越総合通信局 無線通信部 航空海上課
    航空海上担当 (電話:026-234-9982)

ページトップへ戻る