総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 広報資料 > INFO・NET信越 Vol.129 (平成26年3月17日発行)

INFO・NET信越 Vol.129 (平成26年3月17日発行)

News1:信越管内におけるエリア放送の現状

 地上デジタル放送に割り当てられた周波数帯(13〜52チャンネル)の中で、地理的条件等によって他の目的にも利用可能な周波数を使用して、エリア限定の放送サービス(エリア放送)が全国各地で広がっています。
 信越管内では、長岡技術科学大学(新潟県長岡市)及び信州大学(長野県松本市)において放送サービスが始まっています。
 また、平成26年3月10日付けで予備免許を付与した諏訪東京理科大学では、4月以降に開局を予定しています。
 いずれも、ワンセグ対応のスマートフォンやタブレット端末等により受信が可能であり、大学構内にいる学生や職員に学校行事や教育コンテンツ等を提供するほか、非常時には災害関連情報を提供して安全を確保することとしています。

 エリア放送は、例えば、スタジアムや商店街等において、イベント情報や交通情報、生活関連情報等を提供することが想定されます。この放送サービスの普及により、地域の活性化や利便の向上が期待されます。

【管内のエリア放送一覧】

免許人 長岡技術科学大学 信州大学 諏訪東京理科大学
放送チャンネル 45チャンネル 42チャンネル 29チャンネル
放送区域 大学構内(新潟県長岡市) 大学構内(長野県松本市) 大学構内(長野県茅野市)
免許の年月日 平成25年11月20日 平成26年2月7日
<関連資料>
 エリア放送制度
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/denpa/eria_houso/eria_houso1.html

連絡先

放送課
電話 026−234−9938



お知らせ1:みんなで考える情報通信白書2014

 総務省では、平成26年版情報通信白書の読者参加型企画として、SNSであるFacebook/Twitter/LINEを活用して情報通信をテーマに幅広く意見を募集しています。
 いただきました意見については、コラムの作成など情報通信白書の編纂に反映する予定です。
 日本のICT(情報通信技術)について普段思うこと、気になること等ございましたら奮ってご参加ください。
 (意見募集:4月下旬まで)

【関連報道資料】
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000067.html

<募集テーマ>
 「ICTで変わったこと、変わること。−2020年に向けて−」

<SNSページ>
 アカウント名(共通)「みんなで考える情報通信白書」
 ・Facebook  http://www.facebook.com/MINNAdeICThakusho別ウィンドウで開きます
 ・Twitter(@ict_hakusho)  https://twitter.com/ict_hakusho別ウィンドウで開きます
 ・LINE(@ict_hakusho)

連絡先

総務省情報通信経済室
電話 03-5253-5720



お知らせ2:消費税率改正に伴う返信用封筒の貼付切手額について

 平成26年4月1日から消費税率が改正されることに伴い、郵便料金が値上げされます。
 無線局免許や無線従事者等資格免許に係る各種申請等の手続きにおいて、申請書類と併せて返信用封筒(当局から免許状や免許証等を送付するための封筒)を提出される場合には、この返信用封筒に新料金の郵便切手を貼付していただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。
 なお、電波利用料及び免許申請手数料等については、消費税率改正に伴う金額の変更はありません。

 (1)平成26年3月31日までに申請される場合は、現行料金(例:80円)
    (郵送の場合:平成26年3月31日の消印まで現行料金)
 (2)平成26年4月1日以降に申請される場合は、新料金(例:82円)

■郵便料金(一部抜粋)
区別 重量 現行料金 新料金
定形郵便物 25g まで 80 円 82 円
50g まで 90 円 92 円
定形外郵便物 50g まで 120 円 120 円
100g まで 140 円 140 円
簡易書留料 300 円 310 円
※赤文字が料金改定となります。

 返信用封筒の郵便料金が不足している場合は、受領される方に不足分をご負担いただくことになります。また、簡易書留を希望されても料金が不足している場合には、特定記録郵便の取扱いで送付させていただくことがあります。

連絡先

総務課
電話 026−234−9963


※過去のINFO・NET信越は、こちらからご覧ください。

ページトップへ戻る