総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 電気通信(電話・インターネット・携帯電話) > 工事担任者の養成課程の認定(令和元年6月14日認定分)

工事担任者の養成課程の認定(令和元年6月14日認定分)

 総務省東海総合通信局(局長 古市 裕久(ふるいち ひろひさ))は、学校法人電波学園(理事長 小川 明治(おがわ あきはる))から申請のあった工事担任者の養成課程について、下記のとおり認定しました。

養成課程の概要

 工事担任者の資格を取得するためには、国家試験に合格する、養成課程を修了する、の2つ方法があります。

 これにより、下記の認定校において養成課程の修了の際に実施する試験に合格し、修了証明書の交付を受けた者は、国家試験を受験しなくても総務大臣に対しAI・DD総合種の工事担任者資格証の交付申請をすることができます。

1 認定年月日

令和元年6月14日

2 認定校

学校法人電波学園 理事長 小川 明治

3 養成課程の種類

AI・DD総合種(注)

 注記

  • アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事又は監督することができる資格

4 実施期間

令和元年9月2日から令和2年3月16日まで

5 実施場所

学校法人電波学園 名古屋工学院専門学校
名古屋市熱田区神宮4-7-21

参考

 工事担任者制度の概要及び資格者証の種類並びに工事の範囲については、以下のページをご覧ください。

ページトップへ戻る