最新の電波監視システム

 不法無線局一掃へ向けて、どんな不法無線局も見逃さない電波監視の主力システムを紹介します。

最新の電波監視システムDEURAS

 不法無線局のほとんどは、大型トラック等の車両に搭載された移動体のため、通報(申告)を受けて複数の電波監視車を出動させても電波の発射源を特定することは困難でした。

 電波環境保護の重要性が高まるなか、不法無線局の取締りの強化が求められ、効率的かつ効果的な電波監視が必要とされてきました。

 このため、平成5年度から電波利用料を財源として、電波監視の強化のために施設整備等を行ってきており、その一つとして不法無線局探索の決め手ともいえる電波監視システムDEURAS(デューラス)を開発し、全国の主要な都市への整備を進めています。 東海管内においても主要な都市への配備を進めており、電波監視を行う上でなくてはならない設備の一つとなっています。

写真1:DEURASによる電波監視

DEURASとは何か?

 通常は愛称でこのように呼んでいますが、これは、DEtect Unlicensed RAdio Stationsの略であり、日本語で言えば不法無線局を探知する、すなわち、不法無線局探索設備ということになります。

 この設備は、各総合通信局等に設置されたセンタ局と各地に設置されたセンサ局及び必要により不法無線局探索車に設置したセンサ局で構成されています。

図:イメージ

 各地に設置されたセンサ局や車両に搭載されたセンサ局を、総合通信局等に設置されたセンタ局から遠隔操作することにより、センサ局で受信した電波をモニタしたり、その電波発射源の方位等を測定して、不法無線局の位置等を特定します。

 不法無線局の位置は、2つ以上のセンサ局により同時に不法無線局の電波の到来方向を測定し、その方位線の交点から割り出すことができます。

写真2:DEURASアンテナ

DEURASにどんな効果が期待できるか?

 DEURASは次のような特長を持っており、事案発生時の迅速な対応として詳細なデータを取得することができるため、不法無線局の探索等に威力を発揮しています。

特徴1

 方位測定精度の向上により、不法無線局の位置を容易に探知することができます。また、車両で移動する不法無線局も、車両の移動位置をセンタ局のディスプレイ上の画面に時々刻々と表示できるため、不法無線局探索車で追跡する場合は、直ちに急行することが出来ます。

写真3:DEURASの画面1

写真4:DEURASの画面2

特徴2

 システムのみによる24時間の電波監視が可能ですから、深夜などに出現する不法無線局についても必要なデータを取得できます。

特徴3

 広帯域の周波数を瞬時に測定できるので、どの周波数に不法無線局が出ても直ちに実態を把握することが可能です。

ページトップへ戻る