総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 放送・CATV > マルチメディア放送(V-Low)の概要

マルチメディア放送(V-Low)の概要

 地上アナログテレビジョン放送終了後のVHFの低域の周波数帯を利用した、地上マルチメディア放送です。

放送の概要

  • 専用受信機、スマートフォン用Wi-Fiチューナー、車載用チューナー、チューナー内蔵型防災ラジオなど、様々な受信形態に対応するマルチメディア放送
  • リアルタイム型放送、蓄積型放送、データ放送が可能
  • V-ALERT(災害情報伝達システム)に対応
  • 現在サービス開始中
  • 基幹放送事業者 中日本マルチメディア放送株式会社等
  • サービス名 i-dio
  • 利用周波数帯 99MHz以上108MHz以下の周波数帯(V-Low)
  • 方式 ISDB-Tsb
  • 無料サービス
  • 放送対象地域 全国

受信機

 専用の受信機器が必要です。

東海管内の地上基幹放送局整備状況

基幹放送局提供事業者 株式会社VIP
電波の型式及び周波数 3M90X7W 101.285714MHz(メガヘルツ)

表1:東海管内の地上基幹放送局整備状況一覧
局名 空中線電力 送信場所 開設時期
VIP 親局(名古屋) 10kW(キロワット) 三重県桑名市 平成28年6月24日
VIP 静岡中継局 1kW(キロワット) 静岡県焼津市 平成28年10月14日
VIP 浜松中継局 1kW(キロワット) 静岡県浜松市西区 平成29年3月17日

ページトップへ戻る