総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 報道資料一覧(2019年) > 電波は重要な社会インフラ。不法電波に待ったなし! <今年はナゴヤドーム106ビジョンでも電波利用環境保護を呼びかけ>

報道資料

令和元年7月17日
東海総合通信局

電波は重要な社会インフラ。不法電波に待ったなし!
<今年はナゴヤドーム106ビジョンでも電波利用環境保護を呼びかけ>

 電波は、緊急時や災害時に使用する船舶の遭難通信、警察無線、消防・救急無線、防災行政無線といった国民の安心・安全を維持するために不可欠な通信に利用されています。携帯電話や無線LANでのインターネットアクセスやモバイル決済といった生活に身近なところでも利用されています。
 最近では、ドローンをはじめとするロボットや医療など様々な分野にも利用が拡大しており、電波の混信・妨害を排除し良好な電波利用環境を維持することが重要な課題となっています。
 総務省では、不法電波に待ったなし!をキャッチフレーズに、電波利用環境保護に関する周知・啓発活動を毎年行っています。
 東海総合通信局(局長 吉武 久(よしたけ ひさし))は、7〜8月にかけて、公共機関等でのポスター掲出や公共交通機関の中吊り広告を実施します。さらに、今年は名古屋市営地下鉄の名古屋駅・栄駅のデジタルサイネージやナゴヤドームの106ビジョンを利用した映像による周知により、電波利用ルールの遵守を呼びかけ、良好な電波利用環境の整備を推進していきます。

1 実施内容の詳細

(1) 公共機関等でのポスター掲出

東海管内の警察署、自治体、道の駅においてポスターの掲出及びリーフレットの配布

(2) 公共交通機関の中吊り広告

表1:次に示す東海管内の次の公共交通機関において中吊り広告を実施
鉄道会社 中吊り広告等掲出期間 備考
東海旅客鉄道(株) 7月27日(土)〜8月2日(金) 東海道本線、中央本線、関西本線、武豊線
名古屋鉄道(株) 7月22日(月)〜7月28日(日) 全線
近畿日本鉄道(株) 8月5日(月)〜8月11日(日) 名古屋線
遠州鉄道(株) 7月25日(木)〜8月7日(水) 全線
静岡鉄道(株) 8月3日(土)〜8月16日(金) 全線
伊豆急行(株) 8月1日(木)〜8月7日(水) 全線
名古屋市交通局 7月24日(水)〜7月28日(日) 全線

(3) デジタルサイネージでの映像周知

表2:次に示す名古屋市交通局のデジタルサイネージを使用して映像による周知を実施
場所 映像放映期間 備考
栄駅スクエアビジョン 8月19日(月)〜8月25日(日) 55インチモニター26面
地下ビジョン
(名古屋駅・栄駅)
8月1日(木)〜8月31日(土) 名古屋駅
  • 南改札付近65インチ×1
  • 中改札付近84インチ×1
栄駅
  • 東改札付近65インチ×1
  • 西改札コンコース108インチ×1
  • 駅ホーム42インチ×2

(4) ナゴヤドームでの映像周知

ナゴヤドーム106ビジョンを利用し、映像による周知を実施

放映日

  • 8月7日(水) 中日-巨人戦
  • 8月20日(火) 中日-巨人戦

参考

写真:中吊り広告用ポスター(B3サイズ)

映像素材:別ウィンドウで開きますhttps://www.youtube.com/watch?v=lifI2gNCBlM(YouTubeの総務省動画チャンネルのサイトへ)


連絡先
東海総合通信局 電波利用環境課
電話:052-971-9196

ページトップへ戻る