総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > マイメディア東海(2011年) > 東海総合通信局の規正用無線局と日本アマチュア無線連盟のガイダンス局の連携運用(平成23年11月15日実施)

【東海総通】マイメディア東海

平成23年11月25日
東海総合通信局

東海総合通信局の規正用無線局と日本アマチュア無線連盟のガイダンス局の連携運用(平成23年11月15日実施)

概要

 11月15日、三重県度会郡度会町の日の出の森展望台で、当局と一般社団法人日本アマチュア無線連盟(以下「JARL」)三重県監査指導委員会の相互協力により規正用無線局(注1)とガイダンス局(注2)の連携運用を実施しました。

 これは、アマチュア無線局用に割り当てられた周波数の使用目的や使用区別を守らない。運用に際して呼出符号を送出しない。などの違反者等に対して、電波で注意喚起のメッセージを送信することで、無線局の正しい運用を促す目的で行われるものです。

 当日は、JARLが所有するガイダンス局から、アマチュア局に対して電波法に基づいた適正な運用を周知・広報するメッセージを送出し、その後、その違反状況等が改善されない場合、当局の規正用無線局から、直接警告・注意を行い、違反している人に法律に違反していることを自覚してもらい、電波の発射を停止することや正しいルールに基づいた無線局の運用を指導しました。

 これにより周辺の周波数環境が改善し、夕刻までには運用違反の無線局がなくなりました。

 当局では、昨年度からJARLとの合同運用を試みており、今回で管内4回目の実施となります。また、今年度中にJARL岐阜県監査指導委員会との連携運用も実施する予定です。

 注記

  • (注1)法律などの電波を適正に使用するルールに違反している無線局に対して、直接不法電波による運用を即時に止めるよう指導するために開設された無線局
  • (注2)アマチュア無線局に対して電波により適正な運用を確保するためメッセージの送出し周知を行う無線局

写真1:設営状況

写真2:合同運用の様子


連絡先
東海総合通信局 監視課
電話:052-971-9472

ページトップへ戻る