総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > マイメディア東海(2015年) > 第3回 SAKAEコスプレフェスティバルを開催

【東海総通】マイメディア東海

平成27年6月10日
東海総合通信局

第3回 SAKAEコスプレフェスティバルを開催

ニッポンのど真ん中からコスプレパワーを発信

はじめに

 今年も昨年に引き続き、第3回SAKAEコスプレフェスティバルが5月31日(日曜日)に名古屋市の南大津通歩行者天国で東海テレビ放送株式会社と共催で開催されました。

 当日は2800名を超えるコスプレイヤーと950名の専門カメラマン(一般を含めれば1000名超)、また、ホコ天に訪れた約23万人の皆様が、コスプレの聖地NAGOYAのど真ん中に出現したコスプレ天国を楽しみ、大いに盛り上がりました!

写真1:コスプレウォーキングでの集合写真

南大津通歩行者天国会場(ホコ天)

 メイン会場のコスプレランウェイでは、ご当地ヒーローの黄金鯱伝説グランスピアーのステージショー、2.5次元コスプレダンスユニットのアルスマグナ(スタンディング整理券が必要なほどの人気でした。)、お掃除ユニットの名古屋CLEAR`Sのライブや人気声優の井ノ上奈々さんのトークショーが行われ、それぞれのステージで客層は異なりますが、終始約300名の観客が入れ替わり立ち替わりランウェイを取り囲むなど大変なにぎわいを見せていました。

 また、コスプレウォーキングでは、昨年から更に延長したランウェイ上で、日本最大のコスプレ専門サイトであるコスプレイヤーズアーカイブから選りすぐりのコスプレイヤーたちが登場し、自慢のポージングとウォーキングを披露して会場を湧かせました。

写真2:コスプレウォーキングでのダンスパフォーマンス

写真3:中央分離帯に設置されたランウェイでのアピール

写真4:キャラになりきるコスプレイヤー

写真5:製作期間1年の力作をアピール

写真6:ホコ天でのコスプレイヤー1

写真7:ホコ天でのコスプレイヤー2

写真8:ホコ天でのコスプレイヤー3

写真9:ホコ天でのコスプレイヤー4

サンシャインサカエ会場

 サンシャインサカエのグランドキャニオン広場に設けられた特設ステージでは、アルスマグナのライブパフォーマンスのほか、コスプレイヤーのカラオケ選手権などが繰り広げられました。カラオケ選手権では、出場したコスプレイヤーが観客の熱い声援を受け、アニメキャラのテーマソングなどを歌いきり、最高に気持ちよかったです!とインタビューに応じるなど、大興奮の雰囲気に包まれていました。

写真10:特設ステージでのカラオケ選手権

その他会場

 テレビ局のセットを利用した撮影コーナーが設けられたナディアパークやサンシャインサカエ・アトリウムでは、コスプレイヤー同士やお気に入りのコスプレイヤーに声をかけながら撮影するカメラマンの姿が終始見られました。また、今回は観客のスナップカメラとは別に、本格的な機材を携えコスプレイヤーに同行するカメラマンが約950人参加しています。

 その他、矢場公園やホコ天の随所で、コスプレイヤーの撮影会や同じアニメのキャラクター同士の交流会などが行われ、各会場とも終了時間まで人だかりが絶えない賑わいのあるイベントとなりました。

写真11:ナディアパーク前で準備完了

写真12:コスプレイヤー同士の交流会場でポーズ

まとめ

 今回のSAKAEコスプレフェスティバルでは、ホコ天のコスプレランウェイのステージが昨年より拡張され、歩行者天国内の撮影スポットを活用した大規模なギャザリング(写真撮影会)も展開されました。ICT(情報通信技術)の利活用については、各イベントの告知にはSNSとしてTwitterを活用し、また各会場の映像はUstreamで多元ライブ配信され、来場のコスプレイヤーや観客の皆様に楽しんでいただくだけでなく、海外や遠隔地の多くのみなさんにも会場の熱気を送り届け、感動を共有していただきました。

 さらに、今回のような大規模なイベントでは、臨時のコラボチームを結成して参加するためにTwitterなどを利用し呼びかけを行うなど、コスプレイヤーにおいてもICTはコミュニケーションに必要不可欠なツールとなっています。

 今後も日本の中心、名古屋の中心で開催されるSAKAEコスプレフェスティバルから発信される情報が国内外に拡散し、共有されることによって名古屋や栄がいっそう元気に輝くよう、元気と潤いのある地域づくりに貢献してまいります。

写真13:各会場の映像をUstreamで多元ライブ配信1

写真14:各会場の映像をUstreamで多元ライブ配信2

第3回SAKAEコスプレフェスティバルの模様は下記URL(TOKAI DOUGA)でもご覧いただけます。


連絡先
東海総合通信局 企画広報室
電話:052-971-9117

ページトップへ戻る