総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > マイメディア東海(2017年) > 情報通信フロンティアセミナー ワイヤレス分野における研究開発と研究事例の紹介 講演会を開催(平成28年12月22日開催)

【東海総通】マイメディア東海

平成29年1月19日
東海総合通信局

情報通信フロンティアセミナーワイヤレス分野における研究開発と研究事例の紹介講演会を開催(平成28年12月22日開催)

はじめに

 東海総合通信局は、12月22日(木曜日)、東海総合通信局5階会議室において、東海情報通信懇談会(電波部会)との共催により、情報通信フロンティアセミナーワイヤレス分野における研究開発と研究事例の紹介を開催し、東海情報通信懇談会会員39名が参加しました。

写真1:会場の様子

セミナーの様子

 最初に、国立研究開発法人情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク総合研究センター ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャ 石津 健太郎(いしづ けんたろう)氏から、ワイヤレスネットワーク基盤技術の研究開発と次世代移動通信システムの実現に向けた取り組みと題して、ワイヤレスネットワーク基盤技術の研究開発のうち、コグニティブ無線技術(注1)やホワイトスペース通信技術(注2)に注目して紹介するとともに、それらの成果に基づく次世代移動通信システムの実現に向けた技術的な課題などについて、紹介していただきました。

 次に、株式会社KDDI総合研究所 スマートワイヤレスグループ 研究マネージャ 山口 明(やまぐち あきら)氏から、無人航空機を活用したEメール配送システムを開発と題して、災害時に孤立地域の被災地からのメッセージ(Eメール)を無人航空機が回収し、物理的な移動により、非孤立地域の方へ配送する実証実験について、映像を交えて紹介していただきました。

 注記

  • (注1)携帯電話や無線LANなどの通信環境を認知(Cognitive:コグニティブ)して、希望の性能を得ることができるように電波の混信を回避するなどして無線通信路を最適化する無線技術をいう。
  • (注2)テレビ放送に干渉を与えずに同じ周波数帯(470MHzから710MHzまで)を利用して通信を行う技術をいう。

写真2:国立開発法人情報通信研究機構 石津氏の講演

写真3:株式会社KDDI総合研究所 山口氏の講演

おわりに

 東海総合通信局では、今後も東海情報通信懇談会電波部会とともに注目される電波利用政策や電波に関する最新技術等に関するセミナーなどを開催していくこととしています。


連絡先
東海総合通信局 企画調整課
電話:052-971-9182

ページトップへ戻る