総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > マイメディア東海(2017年) > 日本ガイシホールでインターネットの安心・安全利用を周知・啓発

【東海総通】マイメディア東海

平成29年1月25日
東海総合通信局

日本ガイシホールでインターネットの安心・安全利用を周知・啓発

はじめに

 東海総合通信局は1月14日、日本ガイシホール(名古屋市南区)で、ファミリーデーなごや(主催:ファミリーデーなごや実行委員会(注1))の家族で学ぼう!ケータイ・スマホの使い方コーナーに、安心ネットづくり促進協議会(注2)とともにブースを出展し、来場した子どもや保護者の方々にインターネットを安心・安全に利用するための周知・啓発を行いました。

 注記

  • (注1)ファミリーデーなごや実行委員会は、今回のイベントを開催するために組織された団体で、主に名古屋市内のPTA協議会やその関係者等で構成されています。
  • (注2)安心ネットづくり促進協議会は、民間主導による良好なインターネット利用環境の構築に貢献することを目的とする団体です。詳細は、安心ネットづくり促進協議会ホームページをご覧下さい。

ブース出展

 当日は厳しい冷え込みと降雪というあいにくの天候にも関わらず、多数の来場があり、会場内の各ブースは盛況でした。

 最近、子どもたちがSNS等にメッセージ等を投稿する際、不用意に個人情報を付加した結果トラブルに巻きこまれるという事案が多く発生しており、保護者も含めたSNS利用時のルール作りなどが重要な課題となっています。

 このため東海総合通信局・安心ネットづくり促進協議会のブースでは、タブレット端末のお絵かきソフトで作成した画像を、個人情報が付加されていないか等をチェックした上であらかじめ用意されたサイトへ実際に投稿するアプリケーションを体験してもらうなど、安心・安全なインターネット利用について学んでいただきました。

 ブースではこの他に、詐欺サイトへの対応等、安心・安全なインターネット利用をテーマに生徒・学生が作成した啓発ビデオを上映し、来場者の方々にご覧いただきました。

 また、ブース付近で子どもたちへの啓発と保護者の見守りの重要性についての資料を配布したところ、多くの方が足を止められその説明を聞かれるなど、保護者の関心の高さも感じられました。

写真1:ブースの様子

写真2:来場者に説明

おわりに

 東海総合通信局は引き続き関係機関と連携して、e-ネットキャラバン(注3)を始めとする青少年の安心・安全なインターネット利用の推進に取り組んでまいります。

 また、情報通信における安心安全推進協議会(注4)では、平成29年度情報通信の安心安全な利用のための標語を募集(注5)しています。東海総合通信局は、東海地域における学校部門の優秀作品(1点)に東海総合通信局長賞を贈ることとしています。さらに、全国の応募作品の中から、個人部門及び学校部門の最優秀作品(各1点)に総務大臣賞が、個人部門の優秀作品に協議会長賞等がそれぞれ贈られます。なお、締切りは2月28日です。多数のご応募をお待ちしております。

 注記

  • (注3)e-ネットキャラバンの詳細は、以下のホームページをご覧ください。
  • (注4)情報通信における安心安全推進協議会は、情報通信利用者の保護とともに適正な情報通信利用の促進を図り、安心・安全な情報通信社会の実現を目的とする団体です。詳細は、情報通信における安心安全推進協議会ホームページをご覧下さい。
  • (注5)平成29年度情報通信の安心安全な利用のための標語の募集については、平成29年度情報通信の安心安全な利用のための標語ホームページをご覧下さい。

連絡先
東海総合通信局 電気通信事業課
電話:052-971-3416

ページトップへ戻る