総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > マイメディア東海(2017年) > 電話のユニバーサルサービスに関する親子見学・説明会を開催(平成29年8月4日開催)

【東海総通】マイメディア東海

平成29年8月16日
東海総合通信局

電話のユニバーサルサービスに関する親子見学・説明会を開催(平成29年8月4日開催)

はじめに

 東海総合通信局は8月4日、一般社団法人電気通信事業者協会と共催で電話のユニバーサルサービスに関する親子見学・説明会を開催しました。この催しは、電話のユニバーサルサービス(注)について理解を深めていただくために、夏休みの時期を利用し、小学5・6年生とその保護者を対象として開催したものです。

 なお、本見学・説明会は、電話のユニバーサルサービスについての周知広報活動の一環として、平成20年度から全国各地で開催されているものであり、今年度は東海管内での開催となりました。

 注記

電話のユニバーサルサービス(基礎的電気通信役務)
全国で提供が確保されるサービスとして、加入電話、社会生活上の安全及び戸外での最低限の通信手段を確保する観点から設置されている第一種公衆電話及び緊急通報(110番、118番、119番)がこれに当たります。

親子見学・説明会の様子

 まず名古屋市中区の会議室で、電話のユニバーサルサービス制度と電話がつながる仕組みの説明を受けました。その後、NTT西日本の中ビルに移動し、電話を接続する配線盤、光ファイバや電話線を収容するとう道(注)、衛星通信車両とWi-Fiカーをそれぞれ見学しました。

 注記

とう道
電話のケーブルが通っている大きな地下トンネルのことです。

写真1:光ファイバや電話線を収容する施設

写真2:とう道の見学

 続いて一行は、常滑市の中部国際空港に移動し、第四管区海上保安本部の広報担当者から、海上保安庁の仕事や緊急通報電話(118番)の説明を受けました。その後、格納庫に移動し、中部空港海上保安航空基地の担当者から、海上保安庁が保有するへリコプターや救難機材の説明を受けました。

写真3:救助活動の説明

 日頃、一般の方々が立ち入ることができない施設を見学できたということで、参加者は興味津々で担当者の説明を聞いていました。

写真4:参加者で記念撮影

おわりに

 東海総合通信局では、電話のユニバーサルサービスをはじめとした電気通信事業サービスについて、今後も皆様に一層の理解を深めていただくことを目的に関係機関と協力してまいります。


連絡先
東海総合通信局 電気通信事業課
電話:052-971-9401

ページトップへ戻る