総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > マイメディア東海(2018年) > 東海総合通信局幹部のご紹介(平成30年4月1日付異動者)

【東海総通】マイメディア東海

平成30年4月11日
東海総合通信局

東海総合通信局幹部のご紹介(平成30年4月1日付異動者)

概要

 平成30年4月1日付けの人事異動により、当局幹部に異動がありましたので、ご紹介いたします。
新任幹部は以下のとおりです。

情報通信部長

松澤 一砂(まつざわ かずさ)

 生まれは東京、育ちは千葉、前勤務地は北陸で、東海地域は初めてです。

 管轄する岐阜、静岡、愛知、三重のみなさまから地域の実情を教えてもらい、また、自分でもできるだけ出向いて、何ができるか考えていきたいと思っています。

 情報通信技術の発展はめまぐるしく、恩恵を享受できるようにすれば、どんどん便利な社会になります。一方、セキュリティの問題など影の部分もあります。

 課題の多い分野ですが、少しでもお役に立てるよう、いろいろな施策に取り組んで参る所存です。

写真1:情報通信部長
松澤 一砂(まつざわ かずさ)

無線通信部長

三木 啓嗣(みき けいじ)

 4月1日付で無線通信部長を拝命しました三木でございます。

 出身は、岡山で、北海道での勤務を経てここ名古屋の地に参りました。

 無線通信分野における地域の活性化を図るための施策など様々な施策の実施にあたっては、免許人・国民の皆様の意見を丁寧にきいて、地域の実情が適切に反映されるよう努めます。
どうぞよろしくお願いいたします。

写真2:無線通信部長
三木 啓嗣(みき けいじ)

電波監理部長

浅見 一浩(あざみ かずひろ)

 4月1日付けで電波監理部長を拝命いたしました浅見でございます。

 出身は東京で東京、神奈川(三浦)での勤務を経てここ名古屋の地に参りました。

 来年、再来年に迫ったラグビーワールドカップやオリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けた取組みとして電気通信などのライフラインや警察、消防など重要無線通信に対する混信その他の妨害源の迅速な排除や不法無線局の取締りの強化等を通じて、国際スポーツ大会における無線通信の円滑な運用、医療分野での電波の安全利用など管内の電波利用環境の保護に努めて参ります。
もとより微力ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

写真3:電波監理部長
浅見 一浩(あざみ かずひろ)


連絡先
東海総合通信局 企画広報室
電話:052-971-9117

ページトップへ戻る