アマチュア無線局FAQ

よくある質問

質問1 免許申請は、どうすればいいんですか?

 アマチュア局を開局しようとする場合は、無線従事者の資格を取得してから免許申請を行ってください。
免許申請をする場合は、無線機の種類によって申請書の提出方法が以下のように異なります。

技術基準適合証明設備の場合
技術基準適合証明設備のみで免許申請を行う場合は、東海総合通信局へ免許申請書を提出してください。
提出書類は、
  1. 免許申請書(申請手数料として収入印紙を貼付したもの。手数料は質問9へ)
  2. 無線局事項書及び工事設計書
  3. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒
です。
申請書類は、アマチュア無線機販売店または一般社団法人日本アマチュア無線連盟(電話:03-3988-8752)で販売しているものを購入するか、ダウンロードしたものをご利用ください。
アマチュア局免許申請書一式 開局(PDFファイル:513KB)PDF
画像:技術基準適合証明マーク技適設備にはこのようなマークが貼ってあります。
技術基準適合証明設備以外の場合
200W以下の技術基準適合証明設備以外の設備で免許申請をする場合、または技術基準適合証明設備に証明範囲外の付属装置等を追加して免許申請する場合は、簡易な免許手続きをする(検査を受けずに免許を受ける)ためには、保証事業者(ティエスエス株式会社もしくは一般財団法人日本アマチュア無線振興協会)による保証が必要になります。
提出書類は、
  1. 免許申請書(申請手数料として収入印紙を貼付したもの。手数料は質問9へ)
  2. 無線局事項書及び工事設計書
  3. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒
  4. 保証願書
となり、保証事業者(ティエスエス株式会社もしくは一般財団法人日本アマチュア無線振興協会)へ提出してください。
保証の方法については、提出先の保証事業者にお問い合わせください。

質問2 再免許申請は、どうすればいいんですか?

 アマチュア局の免許の有効期間は5年間です。その後もアマチュア局を続けるためには、免許の有効期間満了の1年前から1ヶ月前までに再免許申請書を東海総合通信局に提出することが必要です。
なお、再免許では住所や無線設備等の変更を併せてすることはできないので、事前に変更申請書を提出してください。
提出書類は、

  1. 再免許申請書(申請手数料として収入印紙を貼付したもの。手数料は質問9へ)
  2. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒

です。

 申請書類は、アマチュア無線機販売店または一般社団法人日本アマチュア無線連盟(電話:03-3988-8752)で販売しているものを購入するか、ダウンロードしたものをご利用ください。

 有効期間満了1ヶ月前を過ぎると再免許の手続きはできなくなり、新たに免許申請が必要となります。(質問3を参照)
なお、免許の有効期間内に限り簡易な免許手続(検査不要、保証不要)により開設することが可能です。
詳しくはアマチュア無線担当(電話:052-971-9622)までお問合せください。

質問3 免許の有効期間が切れたらどうすればいいんですか?

 今後もアマチュア局を開局したい場合は、新たに免許申請が必要となります(再免許申請はできません)。
ただし、コールサインについては免許が失効して6ヶ月間は他の申請者への割り当てが保留されているので、免許申請の際に事項書及び工事設計書の備考欄に"免許が失効して6ヶ月を経過しないときは、そのアマチュア局のコールサイン"を記入していただけば再び同じコールサインの割り当てを受けることが可能です。

 また、免許が失効して6ヶ月以上を経過したコールサインでも他の申請者に割り当てるまでは割り当てが可能です(旧免許状など過去にそのコールサインを受けていたことの証明が必要となります。)。
免許申請をする場合は、無線機の種類によって申請書の提出方法が異なります。(質問1を参照)

質問4 住所や氏名が変わったらどうすればいいんですか?

 住所や常置場所及び氏名を変更した場合は、変更申請書を東海総合通信局へ提出してください。
提出書類は、

  1. 変更申請書
  2. 無線局事項書及び工事設計書
  3. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒

です。

 無線局免許状(コールサインが書いてあるもの)の氏名の変更は、無線従事者免許証(写真が貼ってあるもの)の訂正を受けて新しい免許証がお手元に届いてから変更申請を行ってください。
申請書類は、アマチュア無線機販売店または一般社団法人日本アマチュア無線連盟(電話:03-3988-8752)で販売しているものを購入するか、ダウンロードしたものをご利用ください。

質問5 免許状を無くしたらどうすればいいんですか?

 免許状を無くしたり破損した場合は、再交付申請書を東海総合通信局へ提出してください。
提出書類は、

  1. 再交付申請書(申請手数料として収入印紙を貼付したもの。手数料は質問9へ)
  2. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒

です。

 申請書類は、再交付申請書を参考にして作成してください。
申請書類を自分で作成する方は、A4の紙に"免許状再交付申請書"と記載してから、

  1. 住所
  2. 氏名(押印)
  3. 電話番号
  4. コールサイン
  5. 再交付の理由(紛失したため等)

を記入してください。

質問6 無線局を廃止するときはどうすればいいんですか?

 無線局を廃止する場合は、廃止届を東海総合通信局へ提出してください。
廃止届とは、廃止する前に提出していただくもので、文書(ハガキでも可)に"無線局廃止届"と記載してから、

  1. 住所
  2. 氏名(押印)
  3. 廃止する年月日
  4. アマチュア局の免許番号
  5. アマチュア局の免許年月日
  6. コールサイン

を記載してください。

 免許人が亡くなられた場合も廃止届を提出してください。
この場合の廃止届の提出方法は、

  1. 死亡年月日
  2. 住所
  3. 氏名
  4. 届出者の氏名(押印)と続柄
  5. アマチュア局の免許番号
  6. アマチュア局の免許年月日
  7. コールサイン

を記載した文書(ハガキでも可)を東海総合通信局に提出してください。
届出書類は、アマチュア局 無線局廃止を参考にして作成してください。

質問7 無線機を変更しようとするときはどうすればいいんですか?

 無線機を取り替えたり、増設しようとする場合、又は撤去した場合は、変更申請が必要です。
取り替えや増設をしようとする場合は、無線機の種類によって申請書の提出方法が以下のように異なります。

技術基準適合証明設備の場合
技術基準適合証明設備のみの取り替え及び増設をする場合は、東海総合通信局へ変更申請書を提出して下さい。
提出書類は
  1. 変更申請書
  2. 無線局事項書及び工事設計書
  3. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒
です。
画像:技術基準適合証明マーク技適設備にはこのようなマークが貼ってあります。
技術基準適合証明設備以外の場合
200W以下の技術基準適合証明設備以外の設備を取り替え及び増設する場合、または技術基準適合証明設備に証明範囲外の付属装置等を追加して変更する場合、変更検査を受けないで運用するためには、保証事業者(ティエスエス株式会社もしくは一般財団法人日本アマチュア無線振興協会)による保証が必要となります。
提出書類は、
  1. 変更申請書
  2. 無線局事項書及び工事設計書
  3. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒
  4. 保証願書
となり、保証事業者(ティエスエス株式会社もしくは一般財団法人日本アマチュア無線振興協会)へ提出してください。
保証の方法については、提出先の保証事業者にお問い合わせください。 撤去した場合は、
  1. 変更申請書
  2. 無線局事項書及び工事設計書
  3. 返信に必要な金額の切手(82円切手)を貼付した返信用封筒
を東海総合通信局へ提出してください。
申請書類は、アマチュア無線機販売店または一般社団法人日本アマチュア無線連盟(電話:03-3988-8752)で販売しているものを購入するか、ダウンロードしたものをご利用ください。

質問8 電波型式の表示が変わったのですか?

 平成16年1月13日から変わりました。
詳細については、電波型式の新表示(平成16年1月13日から)へ。

質問9 アマチュア無線局の申請手数料(電子申請手数料を除く)

  • 免許申請手数料(50W以下の局):4,300円
  • 免許申請手数料(50Wを超える局):8,100円
  • 再免許手数料(全ての局):3,050円
  • 免許状再交付手数料(全ての局):1,300円

ページトップへ戻る