総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > オープンデータ・統計資料集 > 東海管内における携帯電話・PHSの普及状況(平成30年3月末現在)

東海管内における携帯電話・PHSの普及状況(平成30年3月末現在)

平成30年3月末現在の携帯電話・PHS普及状況について取りまとめ

ポイント
東海四県の平成30年3月末現在の携帯電話・PHSの加入契約数の合計は約1,657万加入で、人口普及率は110.2%となりました。
表:加入契約数及び人口普及率
地域 人口 携帯電話 PHS
契約数 普及率 契約数 普及率 契約数 普及率
岐阜県 2,031,903 2,034,074 100.1% 119,748 0.8% 16,568,984
(16,330,306)
110.2%
(108.6%)
静岡県 3,700,305 3,760,452 101.6%
愛知県 7,483,128 8,827,875 118.0%
三重県 1,815,865 1,826,835 100.6%
東海管内 15,031,201 16,449,236 109.4%
全国 127,094,745 170,192,035 133.9% 2,597,955 2.0% 172,789,990 136.0%

 注記

  • 普及率算出の人口は、総務省統計局発表の平成27年国勢調査(確定値)の数値を使用
  • 括弧内の数値は前年同期(平成29年3月末)の数値

参考

図1:携帯電話及びPHSの人口普及率の推移

 平成29年3月末から平成30年3月末までの東海管内及び全国の契約数及び人口普及率の比較グラフ図です。

グラフ図

  • 全国及び東海各県の数値は、携帯電話とPHSの契約数の合計値による人口普及率
  • 東海PHSの数値は、東海管内のPHSの人口普及率

図2:携帯電話及びPHSの契約数の割合

 東海と全国の携帯会社別契約数の割合(%)の比較グラフです。東海のNTTドコモは36.7%、ソフトバンクは32.0%、KDDIは30.6%、ソフトバンク(PHS)は0.7%です。

比較棒グラフ図

 注記

  • (注1)契約数の割合(百分率)の合計については、小数点以下二桁目を四捨五入しているため、100%にならない場合がある。
  • (注2)平成27年4月1日:ワイモバイル株式会社(ソフトバンクモバイル株式会社に吸収合併)
  • (注3)平成27年7月1日:ソフトバンクモバイル株式会社(ソフトバンク株式会社に社名変更)

ページトップへ戻る