「従業上の地位」に関する区分

  「従業上の地位」に関する区分は、統計基準ではありませんが、多くの統計で用いられていることから、総務省政策統括官室では、 利用者の利便向上のために、各統計の表章で用いられている区分について、それらの大まかな対応関係が分かるような整理を試みました。
  各区分の詳細な定義を表という形で完全に表現したものではなく、完全な対応関係であるとは限りません。
  また、統計調査によって調査の対象の範囲が異なる等のため、対応する区分に対する統計数値が各統計で必ずしも一致するものではありません。

「従業上の地位」に関する区分の整理表(EXCEL:136KB)

  我が国の41の統計調査について、「従業上の地位」に関する統計の表章上の区分の整理を試みたものです。 範囲がおおむね対応するものを横に並べて整理していますが、必ずしも厳密に一致しているわけではありません。 正確な定義については、下記の(付2)「従業上の地位」に関する区分の定義を参照してください。

(付1)「従業上の地位」に関する区分の樹形図(PDF:158KB)

  我が国の41の統計調査について、各統計調査における「従業上の地位」に関する統計の表章上の区分を樹形図で表したものです。

(付2)「従業上の地位」に関する区分の定義(EXCEL:256KB)

  我が国の41の統計調査について、各統計調査における「従業上の地位」に関する統計の表章上の区分の定義をまとめたものです。

 

  • 上記の「整理表」、(付1)及び(付2)の時点は、原則として、平成24年6月現在です。 ただし、労働力調査については、平成25年1月から調査内容の変更が予定されており、変更後の区分について整理を行っています。 また、就業構造基本調査については、平成24年調査(10月実施)から、調査内容の変更が行われており、変更後の区分について整理を行っています。

ページトップへ戻る