総務省トップ > 組織案内 > 政策統括官(統計基準担当) > 平成27年度「統計の日」(10月18日)関連行事紹介

平成27年度「統計の日」(10月18日)関連行事紹介

「統計の日」とは

 日本で最初の近代的生産統計「府県物産表」に関する太政官布告が公布された明治3年9月24日を、太陽暦に換算した10月18日を「統計の日」としています。この「統計の日」は、統計の重要性に対する国民の皆様の関心と理解を深め、統計調査に対する国民の皆様のより一層の御協力を頂くため、昭和48年7月3日の閣議了解により定められました。
 総務省を始めとする各府省や地方公共団体では、この「統計の日」を中心として、「統計の日」のポスターを作成するなどの広報活動を行うほか、統計に対する関心と理解を深めていただくための講演会や展示会の開催、統計功労者の表彰等の諸行事を実施しています。

「統計の日」のポスター

 総務省では、「統計の日」の周知を図り、統計への関心を深めてもらうため、「統計の日」のポスターを作成しています。
 ポスターの作成に当たっては、毎年募集を行っている「統計の日」の標語の特選作品を活用することとしており、平成27年度は、鹿児島県屋久島事務所職員 淵之上 修一さんの特選作品「統計を 今に活かして 未来につなぐ」を活用しています。
 このポスターは、全国の都道府県・市区町村及び小中学校等にて掲示されています。

 なお、「統計の日」のポスターデザインや標語は、各府省や地方公共団体等において、広報物品、刊行物、封筒等、幅広く使用されます。


(クリックすると拡大します)
「統計の日」ポスター

「統計の日」関連行事

 総務省政策統括官(統計基準担当)室では、「統計の日」の普及のため、各府省、地方公共団体及び関係団体と協力し、次の行事等を実施する予定です。

第63回統計グラフ全国コンクール

 統計グラフ全国コンクールは,国民の皆さんに,統計グラフの作成を通じて,日常生活の中で統計を利用することの有用性を知っていただくとともに,統計調査への理解を深めていただくことを目的に,昭和28年から実施されています。
 第63回目を迎える本年度は、全国の小・中学生から一般の方々まで,計26,548作品に及ぶ多くの応募があり、3次にわたる審査により入選作品が決定されました。
 入選作品は、全国統計大会や統計データ・グラフフェアにおいて展示されるほか、各都道府県の展示会にて展示される予定です。

 ⇒ 第63回統計グラフ全国コンクールの入選作品は、こちらをご覧ください。

統計データ・グラフフェア

 統計データ・グラフフェアでは、総務省が後援している統計グラフ全国コンクールの入選作品等を展示するほか、我が国の「統計の日」の紹介、国際連合において採択された「世界統計の日」の紹介、各府省の統計調査の紹介、各都道府県が誇る統計データ(例えば「●●県の日本一!」)の紹介及び統計データに関連するパンフレットの配布等を行う予定です(総務省、東京都及び(公財)統計情報研究開発センター主催)。
 是非、お気軽にお越しください。

 ○ 日時 10月17日(土)10:00〜20:00
           18日(日)10:00〜17:00
 ○ 場所 新宿駅西口広場イベントコーナー

  詳しくは、こちらのリーフレットをご覧ください。(クリックすると拡大します)
リーフレット表 リーフレット裏


第65回全国統計大会

 全国統計大会は、国、地方公共団体、関係団体等の統計関係者が一堂に会し、相互の交流と研さんを行い、我が国の統計の進歩発展と普及啓発に資することを目的に行っています。今年で65回目を迎える全国統計大会では、次の行事等を実施する予定です。

開催概要
 ○ 日時 11月19日(木)13:30〜17:15

 ○ 場所 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟大ホール
       (東京都渋谷区代々木神園町3−1)

 ⇒ 詳しくはこちらPDFをご覧ください。
 ⇒ 申込方法
当日参加も可能ですが、おおよその人数把握のため事前の申込みをお願いしています。参加申込書WORDに必要事項を記入の上、FAX(03-5273-1181)又はE-mail(zenkokutoukeitaikai_atmark_soumu.go.jp)でお申し込み下さい。
(注)スパムメール対策として「@」を「_atmark_」と標記しております。送信の際には「@」に変更してください。
 ⇒ 会場へのアクセスについてはこちらをご覧ください。
   (国立オリンピック記念青少年総合センターホームページ)

行事の内容
  • 各種表彰
  •  各種統計調査の実施に関し、顕著な功績のあった統計功労者に対する大臣表彰、統計グラフ全国コンクール特選受賞者に対する表彰、「統計の日」標語の特選受賞者に対する表彰を行います。
  • 大内賞授与
  •  戦後の統計再建に尽力した故 大内兵衛博士の業績を記念して昭和28年(1953年)に制定された大内賞の2015年度の授与を行います。 
  • 第36回統計シンポジウム(14:50〜17:15)
  •  今回は、「平成27年国勢調査の結果データの利活用」をテーマに有識者や統計関係者によるパネルディスカッションを行います。  
  ○ 基調講演
 
     加藤 久和氏(明治大学教授)  
  ○ パネルディスカッション(50音順)
 
     ・ 座長
       川ア 茂氏(日本大学経済学部教授)
     ・ パネリスト(50音順)
       岡田   豊氏(みずほ総合研究所 主任研究員)
       加藤 久和氏(明治大学教授)
       津谷 典子氏(慶應義塾大学経済学部教授)

       芦谷 恒憲氏(兵庫県企画県民部統計課参事)

各府省及び地方公共団体の開催する行事

 総務省を始めとする各府省では、平成27年度の「統計の日」の関連行事として、各種行事等を実施します。


 また、都道府県及び都道府県統計協会では、「統計の日」に関連して、各地で地方統計大会や統計功労者表彰式を開催し、統計功労者及び統計グラフコンクール入選者等の表彰、講演会等を実施します。


 詳細については各都道府県統計主管課にお問合せください。

統計に関するニーズ・アンケート

 政策統括官室では、政府統計に関する国民の皆様のニーズを把握し、統計行政の改善等に役立てるため、平成27年10月17日(土)〜12月16日(水)まで「統計に関するニーズ・アンケート」を実施させていただきました。アンケートにご協力いただき、誠にありがとうございました。
 皆様から頂いた貴重なご意見については、今後の政府統計の改善等について検討する際の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

総務省政策統括官(統計基準担当)付 統計企画管理官付 普及指導担当
TEL:03-5273-1144 FAX:03-5273-1181 MAIL:s-shidou@soumu.go.jp

ページトップへ戻る

政策統括官(統計基準担当)
サイドナビここから
サイドナビここまで