総務省トップ > 政策 > 国民生活と安心・安全 > 郵政行政 > 信書便事業 > 信書便事業分野における個人情報の保護について

信書便事業分野における個人情報の保護について

 信書便事業分野においては、憲法上の要請に基づき信書便法に規定されている信書の秘密の保護に加え、個人情報についてもその適正な取扱いを確保することが重要です。
 総務省では、事業者が信書の秘密に属する事項その他の個人情報の適正な取扱いの確保に関して講ずべき措置について、その適切かつ有効な実施を図るための指針として、「信書便事業分野における個人情報保護に関するガイドライン」を定めています。

信書便事業分野における個人情報保護に関するガイドライン(平成20年3月25日総務省告示第154号)

関連法令等別ウィンドウで開きます

  • 個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)
  • 個人情報の保護に関する法律施行令(平成15年政令第507号)
  • 個人情報の保護に関する基本方針(平成16年4月2日閣議決定)

信書便事業分野における個人情報保護に関する検討

報道関係資料

ページトップへ戻る

信書便事業
サイドナビここから
サイドナビここまで
郵政改革(郵政改革推進室)(別ウィンドウで開きます)
郵政民営化推進本部(別ウィンドウで開きます)
郵政民営化委員会(別ウィンドウで開きます)
日本郵政株式会社(別ウィンドウで開きます)
満期を過ぎた郵便貯金・簡易生命保険はありませんか?郵便貯金・簡易生命保険管理機構(別ウィンドウで開きます)