トップページ > 用語集 ま行

【                          ま               英数  】

用語集 ま行

見える化

自治体EA導入の効果である「地方自治体の業務や行革に対する全庁的な知識の共有」 を図るためには、各職員が持っている「業務や地方自治体の現状認識に関する知識・情報」 をほかの者にも分かるように目に見える形にすること、すなわち知識・情報の「見える化」が重要になります。

 →基礎編 「自治体EAにおける『見える化』の重要性」
 →実践編 コラム3「自治体EAの策定のあり方」

目的手段分析

業務・システム刷新化の目的と、その目的に関する達成目標を実際に達成するための手段 (刷新化の方策)との因果関係(目的と手段の階層構造)を分析する作業をいいます。

 →実践編「目的手段分析」


ページの先頭へ