トップページ > 実践編「自治体EAの実践方法」 > 1.5)行動成功要因分析

1.5)行動成功要因分析

  • 地方自治体の特徴や置かれている状況を踏まえ、目標を達成するための前提や刷新化の際のポイントに関する、庁内各部署の職員の合意形成を図る

☆作業の目的

刷新化の方向性策定では、地方自治体の特徴や置かれている状況を踏まえ、目標を達成するための方策を策定します。目標を達成するための方策を検討する際には、目標達成のための前提条件やポイント(重点的に検討すべき項目)を分析する必要があります。
目標達成のための前提条件やポイントには「目標達成のための単なる前提条件(成功要因)」と「相応の努力をしなければ達成できない前提条件(行動成功要因)」があります。ある目的を達成するための行動成功要因がある場合、目標を達成するための資源(ひと・もの・かね)投入にメリハリをつけることが求められるため、何を行動成功要因とするかについて、庁内各部署の職員の合意形成が必要となります。
本作業では、「環境分析」や「組織目標の確認」の各作業によって得られた検討参加者間の知識の共有をもとに、目標達成のための行動成功要因についての合意形成を図ります。

☆実施方法

  • 検討参加者を集めた「行動成功要因分析(グループ作業)」の場を設けます。
  • 環境分析」の結果に基づき、「地方自治体の特徴や置かれている状況を踏まえ、目標を達成する上で、資源を重点投入してでもやらなければならないことは何か」を紙に書き起こし、グループ討議を通じて、行動成功要因を1つの図表にまとめていきます。
  • 総務省の「平成17年度自治体EA事業」では、本作業において、行動成功要因分析図を用いた検討を実施しました。
     →資料編1「行動成功要因分析図

☆実施事例



前へ 次へ

目次

ページの先頭へ