総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地方自治制度 > 地方公共団体の行政改革等

地方公共団体の行政改革等

 地方公共団体においては、厳しい財政状況の中でも安全かつ良質な公共サービスが確実、効率的に実施されるよう、地域の実情に応じ、自主的に行政改革に取り組まれています。

新着

地方行革

○地方行革全般

(通知)

  • 地方行政サービス改革の推進に関する留意事項について(平成27年8月28日)

(取組状況調査)

(地方行革事例集)

(自治体行政スマートプロジェクト)

(業務改革モデルプロジェクト)

○地方公務員の定員・給与

(定員関係)

(給与関係)

○集中改革プラン

 平成17年から概ね5年間の取組を明示した「集中改革プラン」の作成を要請し、全ての地方自治体団体において作成・公表され、集中的な行政改革が実行されました。

(集中改革プランにかかる通知等)

指定管理者

(導入状況調査) (通知)

地方独立行政法人

 新規ページ「地方独立行政法人」別ウィンドウで開きますを作成しました。これまでの資料も新規ページに掲載しております。

 

研究会

各種調査結果等

(行政手続条例等の制定状況)
(意見公募手続制度の制定状況)
(情報公開条例の制定状況)
(公文書管理条例等の制定状況)   ※ 内閣府にて「地方公共団体における公文書管理の取組調査(令和4年4月1日現在)別ウィンドウで開きます」を公表(令和4年7月28日)


(行政評価の取組状況)
(AI・RPAの実証実験・導入状況等調査)
(その他)

リンク

ページトップへ戻る