総務省トップ > 政策 > 一般戦災死没者の追悼 > 追悼式 > 追悼式一覧 > 宇都宮空襲犠牲者追悼「ふくべ灯籠流し」

宇都宮空襲犠牲者追悼「ふくべ灯籠流し」

(注)以下の情報は最新ではない場合があるため、主催元にご確認ください。

趣旨

宇都宮空襲犠牲者追悼「ふくべ灯籠流し」

「宇都宮のまちが、特に大きな被害を受けた昭和20年7月12日の大空襲で犠牲になった620人の方々の尊い命を追悼し、また恒久平和を祈念しながら、空襲災害の著しかったJR宇都宮駅前地区を流れるの「田川」で毎年開催している催事です。栃木県の特産である「ふくべ」(かんぴょうの外皮)で造った筏60基に620個の灯篭を付帯して灯し、放流します。」

※写真提供 宇都宮市平和記念館をつくる会

詳細情報

開催日時 毎年7月12日又は河川の状況により、次の土曜日
開催地住所 JR宇都宮駅前、河川『田川』幸橋【駅前大通・宮の橋から約200m上流】上流約150メートル地点より宮の橋下流150メートル地点(堰のある地点)まで(約500m区間)
開催場所 田川(幸橋〜宮の橋)
主催者 宇都宮市平和祈念館をつくる会
連絡先 個人であり記載せず
※H23.2 宇都宮市平和祈念館をつくる会より情報提供

ページトップへ戻る