総務省トップ > 政策 > 国の行政制度・運営 > 電子政府 > 政府共通的な情報システムの整備

政府共通的な情報システムの整備

府省共通の業務・システム最適化の取組

行政管理局では、各府省が共通して利用する情報システムや、政府の情報システム基盤の整備・運用を行っています。

〈政府共通プラットフォーム/政府共通ネットワーク〉

政府共通プラットフォーム(PF)は、平成25年3月から、府省共通システムや中小規模の情報システムを中心に、各府省が整備・運用するシステムの稼働に必要なITリソースを共通化して提供しています。令和2年10月からは、クラウドサービスを活用した「第二期政府共通プラットフォーム」の運用を開始しています。

政府共通ネットワークは、全府省、国会、裁判所等を接続する政府内部の専用通信ネットワークです。利用機関間のメール送受信や府省共通システムの利用等は当ネットワークを介して行われており、総合行政ネットワーク(LGWAN)を通じて地方公共団体とも接続しています。
 


政府共通プラットフォームの概要
                    政府共通プラットフォームの概要

 

〈政府認証基盤(GPKI)〉

政府認証基盤(GPKI)は、電子文書の発行者・内容の真正性を担保する電子証明書を発行し、なりすまし・改ざんを防止します。

〈文書管理システム〉

文書管理システム(電子決裁システム)は、決裁の自動回覧や、決裁履歴等関連情報の管理機能を提供し、各府省等における決裁に係る業務の迅速化・効率化を支援します。また、システムで処理することにより、修正履歴を厳格に管理できることから、政府全体として電子決裁への移行を推進しています。

〈電子政府の総合窓口システム(e-Gov)〉

電子政府の総合窓口システム(e-Gov)は、各府省の行政情報(法令、予算、組織、行政手続等)を集約し、国民・企業等に情報提供している政府ポータルサイトです。行政機関への申請・届出等やパブリックコメントでの意見提出といった行政手続を24時間365日行うことができます。

〈法制執務業務支援システム(e-LAWS)〉

法制執務業務支援システム(e-LAWS)は、各府省が法案等(改め文、新旧対照表、参照条文等)を作成する一連の業務を支援するためのシステムです。本システムを通じて各府省が確認した法令データは、e-Gov法令検索を通じて国民の皆様にも提供しています。

ページトップへ戻る