このページの本文へ移動

官民協働サービス ICT活用による新しい地域モビリティ

関連キーワード
  • シェアリングエコノミー

  • 自治体

  • 人口5万人以下

  • 過疎,豪雪,山村

  • 北海道

事業概要 マイカー空席「見える化」による過疎地の交通課題解決 天塩町-稚内市間「相乗り交通」プロジェクト
事業実施自治体に
関する情報
北海道天塩町
人口(平成27年国勢調査):3,243人
事業実施団体 北海道天塩町
効果 利用人数(同乗者)導入後(H29年3月~H30年1月)138名が利用(延べ)
利用状況(割合)同乗利用者の約80%が65歳以上の高齢者(町内在住の高齢者の約12%が利用)
時間(稚内までの片道移動時間:導入前の所要時間約3時間⇒約1時間に短縮)
コスト削減 約2,500万円(年間)の削減(公共交通機関にて追加輸送した場合との仮想比較)
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
700
運用費(単位:千円)
1,200
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
問い合わせ先
天塩町商工観光課
電話:01632-2-1001
E-mail:ouentai/atmark/teshiotown.com
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。

ICT活用による新しい地域モビリティ(北海道 天塩町)