総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 『コロナに負けるな!「ネット休んでやってみた」コンクール』の開催

『コロナに負けるな!「ネット休んでやってみた」コンクール』の開催

お知らせ

令和2年5月1日
近畿総合通信局

 一般社団法人ソーシャルメディア研究会が主催する『コロナに負けるな!「ネット休んでやってみた」コンクール』(後援:近畿総合通信局など)が、4月28日より開催しておりますのでお知らせします。

 新型コロナウィルスの感染拡大による休校の長期化などの影響により、インターネットの利用時間が大幅に増加するという問題が顕在化してきております。
 一般社団法人ソーシャルメディア研究会(代表:竹内和雄 兵庫県立大学准教授)では、時間がある今こそインターネットの使い方について自分たちで考えるきっかけにして欲しいという思いで、『コロナに負けるな!「ネット休んでやってみた」コンクール』を開催しております。
 当局も本趣旨に賛同し後援をしております。たくさんの方に応募をいただきたく、開催内容についてお知らせします。

コロナに負けるな!「ネット休んでやってみた」コンクール

1 主催・後援
  主催 一般社団法人ソーシャルメディア研究会
  後援 近畿総合通信局、公益財団法人 日本ユニセフ協会 ほか

2 コンクール概要
(1)「コロナに負けずにネット利用を考えた」作文コンクール
  ・内容:ネットとの上手なつき合い方の工夫
       (効果的な方法、決意、保護者と子どものルールなど)
  ・部門:こども部門(18歳以下)/おとな部門
  ・字数:自由(200〜1600字程度)

(2)「ネットをちょっと休んでやってみた」動画コンクール
  ・内容:ネット利用をちょっと休んで行った行動を動画で撮影したもの
       (手洗い、筋トレ、料理、ダンス、勉強など)
  ・部門:なし
  ・時間:3分以内(形式自由)

3 応募期間
  第1回 2020年4月28日〜5月30日
  第2回 2020年7月25日〜9月07日(予定)

4 応募方法等
  応募方法その他詳しくは、主催者のホームページ(http://sma2.jp/別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

ページトップへ戻る