総務省トップ > 組織案内 > 政策統括官(統計基準担当) > 第68回全国統計大会の開催

第68回全国統計大会の開催

 全国統計大会は、「統計の日」(10月18日)の行事の一環として、国、地方公共団体、関係団体等の統計関係者が一堂に会し、我が国の統計の進歩・発展のみならず、統計の普及や活用に資することを目的に開催しています。
 68回目を迎える今大会は、総務省及び公益財団法人統計情報研究開発センターの主催により、平成30年11月19日(月)、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟大ホールにおいて、全国から約600名を超える統計関係者の参加の下、開催しました。

開催内容

開会

 開会に当たって、まず、主催者として、鈴木淳司総務副大臣から挨拶がありました。その後、公益財団法人統計情報研究開発センターの杉浦正健会長から挨拶があり、来賓として東京都の熊谷克三統計部長から祝辞を頂きました。

主催者挨拶をする鈴木総務副大臣

各種表彰

 平成30年度に統計調査の実施、統計の普及等に功績のあった団体・方々に対し、「統計調査功績者」各省大臣表彰、地方公共団体における統計利活用表彰、統計データ分析コンペティション入賞者表彰、第66回統計グラフ全国コンクール入賞者表彰、「統計の日」標語入選者表彰、大内賞受賞者表彰が行われました。

各種表彰授与の様子(グラコン総務大臣賞)

各種表彰授与の様子(地方公共_統計利活用)

各種表彰授与の様子(大内賞)

受賞団体・受賞者

《「統計調査功績者」各省大臣表彰》
総務大臣表彰
  野村 清美 氏(石川県)
  辻 輝茂 氏(大阪府)
厚生労働大臣表彰
  梶田 孝子 氏(山口県)
農林水産大臣表彰
  平木  隆 氏(鹿児島県)
経済産業大臣表彰
  石山 雅子 氏(青森県)
国土交通大臣表彰
  株式会社吉田組 様(群馬県)

《第3回地方公共団体における統計利活用表彰》
総務大臣賞
  神奈川県横須賀市
統計局長賞
  福岡県福岡市
特別賞
  新潟県新潟市、岐阜県、宮崎県
奨励賞
  兵庫県加古川市

《統計データ分析コンペティション入賞者表彰》
総務大臣賞
(高校生の部)
  大段 利々子(広島大学付属高等学校)
(大学生・一般の部)
  平原 幸輝(早稲田大学人間科学部人間環境科学科)
優秀賞
(高校生の部)
  宮本 雨月、金山 瑠依、門脇 俊樹(和歌山県立田辺工業高等学校)
(大学生・一般の部)
  小野島 昂洋(早稲田大学大学院教育学研究科)
日本統計協会賞
(高校生の部)
  白石 大悟、高田 蒼大、武田 裕喜(愛媛県立松山南高等学校)
(大学生・一般の部)
  池田 泰成、柴辻 優樹、鶏内 朋也、石川 貴啓、佐野 岳史(慶応義塾大学リーディングプログラム)

《第66回統計グラフ全国コンクール》
総務大臣賞
  畠 朋香さん(愛知県立豊野高等学校3年)
文部科学大臣賞
  江見 一夏さん(福岡県福岡市立愛宕小学校2年)
日本統計学会会長賞
  竹内 花奈さん(埼玉大学教育学部附属中学校3年)
日本品質管理学会賞
  橋 慧 さん(埼玉県川越市立霞ヶ関小学校6年)
金丸三郎賞
  秋山 詞美さん(東京都 聖ドミニコ学園小学校4年)
石橋信夫賞
  中西 美来さん(岐阜県大垣市立西中学校2年)

《平成30年度「統計の日」標語》
特選
  鹿沼 十三二 氏(群馬県藤岡市統計調査員)

《大内賞》
  赤澤 ヨシ子 氏(福島県 統計調査員)
  今井 洋夫 氏(埼玉県 元経済産業省大臣官房総括経済産業調査官)
  橋  智 氏(新潟県 統計調査員)
  宮本 昭子 氏(熊本県 統計調査員)

受賞者謝辞

 各種表彰の後、受賞者代表として、大内賞を受賞された今井 洋夫氏から謝辞が述べられました。

統計・データサイエンス活用セミナー

 表彰式終了後、「統計・データサイエンス活用セミナー」を開催しました。
 このセミナーは、統計利活用表彰及び統計グラフ全国コンクールの受賞者の作成過程のエピソードや作品を広く紹介することにより、統計の進歩・発展と普及啓発に資することを目的として開催するものです。慶應義塾大学大学院教授の渡辺美智子氏の司会により、受賞者によるプレゼンテーションが行われました。

 《地方公共団体における統計利活用表彰》
 総務大臣賞を受賞した横須賀市の「横須賀市のEBPM(イービーピーエム)推進に寄与する経済波及効果分析ツールの開発と全庁的活用」について、横須賀市政策推進部都市政策研究所の鈴木栄之心氏が発表しました。
 続いて、統計局長賞を受賞した福岡市の「福岡市地域包括ケア情報プラットフォーム」について、福岡市保健福祉局政策推進部政策推進課ICT活用推進係の中田和弘氏が発表しました。

統計利活用受賞作品の発表

統計データ全国コンクール受賞作品の発表

《第66回統計グラフ全国コンクール》
 総務大臣賞を受賞した、畠 朋香さん(愛知県立豊野高等学校3年)が、受賞作品「18歳の私たちが拓く未来!選挙に行こう」について発表しました。
 続いて、文部科学大臣賞を受賞した、江見 一夏さん(福岡県福岡市立愛宕小学校2年)が、受賞作品「小学生のにもつのおもさ」について発表しました。
 両作品とも、作品を作るきっかけとなった動機や作成過程における苦労した点など、受賞者の作品に対する熱い気持ちが伝わる発表となり、司会者や指導に当たった先生や保護者の方からのコメントも交えて会場は非常に盛り上がり、盛大な拍手が送られました。

グラコン(総務大臣賞) グラコン(文部科学大臣賞)

【動画】
統計・データサイエンス活用セミナー
第66回統計グラフ全国コンクールにおける大臣賞受賞者のプレゼンテーション

総務大臣賞    畠 朋香さん(プレゼンデーションの様子) 

文部科学大臣賞 江見 一夏さん(プレゼンデーションの様子)

統計グラフ全国コンクール入選作品の展示

 会場入口では、統計グラフ全国コンクール入選作品を展示しました。御来場になられた方々が熱心に御覧になられるとともに、多くの受賞者が御自身の作品の前で記念撮影をされていました。

ページトップへ戻る

政策統括官(統計基準担当)
サイドナビここから
サイドナビここまで