ホーム基礎知識情報セキュリティ関連の法律・ガイドライン > 電子署名及び認証業務に関する法律


電子署名及び認証業務に関する法律

  「電子署名及び認証業務に関する法律」は、電子商取引などのネットワークを利用した社会経済活動の更なる円滑化を目的として、一定の条件を満たす電子署名が手書き署名や押印と同等に通用することや、認証業務(電子署名を行った者を証明する業務)のうち一定の水準を満たす特定認証業務について、信頼性の判断目安として認定を与える制度などを規定して います。

  関連資料や条文については、以下のサイトを参照してください。