ホーム基礎知識インターネットを使ったサービス >インターネットの仕組み


インターネットの仕組み

  複数のコンピュータを、ケーブルや無線などを使ってつなぎ、お互いに情報をやりとりできるようにした仕組みをネットワークと呼びます。

  インターネットは、家や会社、学校などの単位ごとに作られた1つ1つのネットワークが、さらに外のネットワークともつながるようにした仕組みです。外のネットワークと接続するために、ルータと呼ばれる機器や、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる通信事業者のサービスを利用します。世界規模でコンピュータ同士を接続した、最も大きいネットワークといえます。

  ネットワーク上で、情報やサービスを他のコンピュータに提供するコンピュータをサーバサーバから提供された情報やサービスを利用するコンピュータをクライアントと呼びます。私たちが普段使うパソコンや携帯電話、スマートフォンなどは、クライアントにあたります。

  インターネット上には、メールサーバWebサーバといった、役割の異なる多数のサーバが設置されています。それらのサーバが、クライアントからの要求に従って、情報を別のサーバに送ったり、持っている情報をクライアントに渡したりすることで、電子メールを送信したり、Webブラウザでホームページを見たりすることができるようになっているのです。

  インターネットでは、コンピュータ同士が通信を行うために、TCP/IP(ティーシーピー・アイピー)という標準化されたプロトコルが使われています。プロトコルとは、コンピュータが情報をやりとりする際の共通の言語のようなものです。この仕組みのおかげで、インターネット上で、機種の違いを超えて、さまざまなコンピュータが通信を行うことができるようになっています。

  インターネットで、情報の行き先を管理するために利用されているのが、それぞれのコンピュータに割り振られているIPアドレスと呼ばれる情報です。このIPアドレスは、世界中で通用する住所のようなもので、次の例のように表記されるのが一般的です。

IPアドレスの例: 198.51.123.1

  ところが、このIPアドレスは、コンピュータで処理するのには向いていますが、そのままでは人間にとって扱いにくいので、ホームページや電子メールを利用するときには、相手先のコンピュータを特定するために、一般的にドメイン名が使われています。

  ドメイン名を使用した記述方法では、例えばホームページのアドレスでは“www.soumu.go.jp”のように指定します。ネットワーク上には、これらのドメイン名IPアドレスを変換する機能を持つサーバDNS サーバ)があり、ドメイン名IPアドレスに自動的に変換することで、電子メールの送り先やホームページの接続先を見つける仕組みになっています。

【コラム】

  近年、インターネットに接続する情報機器が爆発的に増えてきたことで、IPアドレスが足りなくなってきていることが問題になっています。使えるIPアドレスの数を増やすために、IPアドレスの桁数を増やしたIPv6という規格が徐々に導入されてきています。

IPv6方式のIPアドレスは、例えば「2001:db8:bb5c:8008:2013:a219:2210:8103」のように表記します。