ホーム企業・組織の対策情報管理担当者の情報セキュリティ対策 > SNSを利用する際の情報セキュリティ対策


SNSを利用する際の情報セキュリティ対策

  SNSは、一般の利用者相互のコミュニケーションのために広く使われていますが、最近ではビジネスでの利用も進んできています。   企業や組織の職員の多くが個人としてSNSを利用するようになり、また企業や組織が広報戦略の一環としてSNSを積極的に活用する機会が増えています。

  一方、SNSには社会的に不適切な内容の発言に対して激しい非難が浴びせられるなどの反応が起きることがあり、企業や組織にとってリスクとなっています。こうした発言による問題については、組織として、 SNSの利用に関するルールを決め、社員・職員に周知をして守らせましょう。 特に組織を代表する公式アカウントについては、アカウントや投稿内容などを十分に管理することが大切ですし、パスワードの管理も含めて利用状態を適切に把握し、しっかり管理するようにしましょう。

  SNSでは本人以外が同一名称のアカウントを作成できる場合があり、そうしたなりすましアカウントで発言される内容も会社のブランドイメージに影響を与えます。こうしたなりすましの被害にあわないためにも、定期的に発言をチェックするなどの運用を検討しましょう。また公式アカウントなどを取得できるSNSでは、企業・組織の正式な発信を区別するため、公式アカウントを取得することも一つの方策です。