ホーム企業・組織の対策情報管理担当者の情報セキュリティ対策 > 廃棄するパソコンやメディアからの情報漏洩


廃棄するパソコンやメディアからの情報漏洩

  廃棄した物品からの情報漏洩を防ぐには、パソコンや記憶媒体は、必ず情報管理担当者が取りまとめて適切な処理をした後で廃棄するなど、社内で統一の手順とルールを確立し、徹底することが重要です。

  不要になったコンピュータのハードディスクや記憶媒体の処理方法には、次のようなものがあります。

データ消去用のソフトウェアを利用する

  データ消去用のソフトウェアを利用すると、ハードディスクやメディアのファイルを無意味なデータですべて上書きするなどして、二度と復元できないように完全に消去することができます。

専門業者のデータ消去サービスを利用する

  専門業者にデータ消去を依頼する場合には、消去する前の重要なデータをその業者に渡すことになります。依頼先の会社の実績や信頼度、さらにその会社におけるプライバシーポリシーのあり方にも考慮して業者を選定しましょう。

ハードディスクや記憶媒体を物理的に破壊する

  ハードディスクについては、外側のケースを破壊しても、中にあるディスク自体が破損していない場合があります。このまま廃棄すると、ディスクを取り出してデータを復元できることもあるので、データが記録されているディスク面が確実に破壊されたことを確認しましょう。
CD、DVDなどの記憶媒体については、メディアを破壊するために利用できるメディア専用のシュレッダで粉砕しましょう。