ホーム企業・組織の対策社員・職員全般の情報セキュリティ対策 > 悪意のあるホームページ


悪意のあるホームページ

  インターネットにはさまざまなホームページが公開されていますが、それらの中には個人情報を収集することや、いやがらせが目的のものもあります。また、ホームページによっては、閲覧しただけで、ウイルスに感染したり、パソコンを破壊されたりしてしまうものもあります。

  まず心がけなければならないのは、悪意を持ったホームページが存在するということを認識し、怪しいホームページはできる限り近寄らないようにするなどの対策が必要です。

  このようなホームページの被害を受けないために、まずはOSWebブラウザなどを最新の状態に更新しておくことが大切です。またウイルス対策ソフトを利用するようにしてください。

  また、Webブラウザの設定を見直すことも大切です。悪意のあるスクリプトが自動的に実行されないようにするには、Webブラウザの設定を変更して、JavaScriptの実行時に警告を出すようにする、もしくは信頼できるWebサイト信頼済みサイト)以外ではJavaScriptを実行させないといった対策が考えられます。実際には、組織の情報セキュリティポリシーに沿った対応を行って下さい。