ホーム > 一般利用者の対策


一般利用者の対策

  インターネットを使ったサービスは、私たちの生活のあらゆる場面に浸透しており、私たちは日々、その利便性を享受しています。しかし同時に、インターネットにはさまざまな脅威も潜んでいます。

  高度情報社会に生きる私たちは、賢い消費者として、どのような脅威が存在するのかという知識と、その脅威から身を守るための対策を知り、より安全にインターネットを使いこなすことが必要になってきています。

  インターネットの利用に際して、適切な情報セキュリティ対策をとらなかった場合、ウイルス感染や、情報漏洩(ろうえい)などの被害に遭う可能性があり、自分が被害を被るだけではなく、他人に迷惑をかける危険性もあります。公共空間であるインターネットを利用する以上は、個人であっても一定の責任が伴います。情報セキュリティ対策を取ることは、必須の約束事であるといえるでしょう。

  また、いまやインターネットは、個人の現実世界での生活と密接に結びついています。インターネットを使った個人の情報発信が、現実世界に大きな影響を与える事例も発生しており、インターネット空間での適切な振る舞い方を身につけることも必要になってきています。

  ここでは、一般の方向けに【基本的な対策】、さまざまな【サービス利用時の脅威と対策】、【情報発信の際の注意】について解説します。