ホーム 一般利用者の対策基本的な対策 > ウイルス対策をしよう


ウイルス対策をしよう

  インターネット利用時に、ウイルスは、電子メールやホームページ、記憶媒体など、さまざまな経路から侵入し、情報漏洩(ろうえい)などさまざまな被害をもたらします。ウイルスに感染してしまうと、自分のコンピュータが被害を受けるだけでなく、インターネットの別のコンピュータに対する感染活動を行い、加害者となってしまうことがあります。安全にコンピュータを利用するためには、ウイルス対策ソフトの導入や、インターネットサービスプロバイダによるウイルス対策サービスの利用が必須です。なお、ウイルス対策ソフトを導入した場合には、ウイルス検知用データを常に最新の状態にしておかなければなりません。

  また、ウイルスに感染しないようにするためには、知らない人からの電子メール添付ファイルを不用意に開かないようにするなどの注意も必要です。