ホーム 一般利用者の対策基本的な対策 > 機器の廃棄


機器の廃棄

  パソコンや携帯電話・スマートフォン、DVDやUSBメモリなどには、個人に関する情報のほか、さまざまなな情報が記録・保管されています。こうした機器を廃棄する際に、そのまま廃棄業者に依頼したり、不燃物として廃棄した場合、第三者にこれらの機器から情報を詐取される危険性もあります。

  情報漏洩(ろうえい)を防ぐためにも、こうした機器を廃棄する場合は、事前にデータを消去して廃棄しましょう。データの消去方法には以下の方法があります。

パソコン

  専用のデータ消去ソフトなどを使うことで安全に消去が可能です。信頼できるリサイクル業者を選んで廃棄を依頼することもできます。

携帯電話・スマートフォン

  使用している機種によりますが、初期設定状態にする機能が付いている場合は、購入初期状態にしてから廃棄しましょう。携帯電話・スマートフォンは端末販売店で回収をしていることも多いので、そうした信頼できる事業者に廃棄を依頼するか、安全に廃棄できるリサイクル業者を選んで廃棄を依頼すると良いでしょう。

DVDやCD-Rなどの外部記録メディア

  他のパソコンで読み込めないように、傷を付ける、もしくは物理的に壊すなどして不燃物として廃棄しましょう。