ホーム 一般利用者の対策インターネット上のサービス利用時の脅威と対策 > ウイルス添付メールなどへの対応


ウイルス添付メールなどへの対応

  電子メールには、文字のみで記述された「テキスト形式」と、文字の色を変えたり、写真や特殊なプログラムを盛り込める記述をした「HTML形式」という主に2種類の方式があります。これに他のソフトを起動しで読むことのできる「添付ファイル」を添えることができます。
単なる文字だけのテキスト形式のメールでウイルスに感染することはありませんが、HTML形式のメールまたは添付ファイルに含まれるウイルスは、パソコンの情報セキュリティ対策が不十分だった場合、これらのメールまたはファイルを開くだけで感染してしまいます。

感染してしまうケース

  • パソコンのOS、その他ソフトウェアが最新の状態になっていない。
  • ウイルス対策ソフトがパソコンにインストールされていない。
  • ウイルス対策ソフトのパターン定義ファイルが最新の状態に更新されていない。

 

  添付ファイルを開く時には、あらかじめウイルス対策ソフト添付ファイルウイルスに感染していないかをチェックしましょう。

  また、電子メールURLを記載して、あらかじめ用意した悪性ホームページに誘導し、感染させる手口もあります。悪性ホームページは、例えばネットショッピングや、オンラインバンキングなどのホームページを偽装したいわゆるフィッシングサイトの場合もありますし、わざとウイルスを感染させるために、不正なプログラム(ウイルスボット)を仕込んだホームページもあります。具体的には、ホームページなどで「あなたのコンピュータはウイルスに感染しています」のようなメッセージを表示し、偽のウイルス対策ソフトダウンロードWebサイトに誘導して、ウイルスをインストールさせる事例などが発生しています。