総務省 東北総合通信局
Tohoku Bureau of Telecommunications 【報道資料】

報道資料

平成21年10月28日

山形県酒田市のコミュニティ放送局のエリア拡大
− 市町村合併に伴い八幡地区に中継局2局を免許 −

 東北総合通信局(局長:井澤 一朗)は、酒田エフエム放送株式会社から提出されていたコミュニティ放送局(中継局2局)の開設申請に対し、本日付けで免許を付与しました。
 この中継局は、酒田市と合併した旧八幡町地区の升田地区と北青沢地区の各一部を新たに放送区域とするためのものであり、運用開始は10月29日を予定しています。

 酒田エフエム放送株式会社は、平成10年10月7日に山形県内で2番目のコミュニティ放送事業者として開局し、旧酒田市の一部を放送区域としてサービスを提供してきましが、平成17年11月1日に旧松山町、旧平田町及び旧八幡町と合併し、新酒田市が誕生したことから、今般、放送エリアの拡大を図ることとしたものです。
 今回のエリア拡大により旧八幡町地区の世帯カバー率は、現在の62%から73%(12%増)に拡大し、さらに地域に密着した情報の提供が可能になることから、今後のサービスの充実が期待されます。
 なお、旧松山町地区、旧平田町地区については本年9月25日に中継局1局の免許を付与しており、今回の開局により中継局は3局となり酒田市全体では85%で聴取可能となります。

(参考)
   コミュニティ放送局は、市区町村の一部の地域において、地域に密着した情報を提供するためのFMラジオ放送局で、きめ細かな地域情報や観光情報の提供、福祉活動への利用、さらには防災情報伝達等に大きく役立つものと期待されています。
 平成21年9月1日現在の免許状況は、全国では232事業者、東北管内では24事業者、山形県内では3事業者が開局しています。
 
  【コミュニティ放送の現状】
 (URL:http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/system/bc/index.htm
 
  【関連報道資料(平成21年9月25日:旧松山地区、旧平田町の中継局免許)】
 (URL:http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h2107-09/0925a1001.html



山形県酒田市のコミュニティ放送局のエリア拡大

 
【別紙1】 無線局の概要(PDF:102KB)
【別紙2】 東北管内におけるコミュニティ放送局の開設状況(PDF:134KB)

連絡先:
東北総合通信局
放送部放送課
TEL 022-221-0696



[TOP] [報道資料目次] [平成21年10月〜12月目次] [ 放送 ]

Copyright