スマートフォン・パソコン・タブレットはどうちがうの?

スマートフォン・パソコン・タブレットのちがいとは

スマートフォンと、パソコンやタブレットのちがいはどこにあるのでしょうか。

まず、サイズや形がちがいます。スマートフォンが一番小さく手のひらサイズ。タブレットはもう少し大きくて、手帳からノートぐらいのサイズ。パソコンはタブレットほどのサイズからあり、大きいものでは画面が別になっているものもあります。また、パソコンにはキーボードがついていますが、スマートフォンやタブレットにはキーボードは標準(ひょうじゅん)ではついていません。

画面の大きさや入力方法によって使い分けよう
図:画面の大きさや入力方法によって使い分けよう

スマートフォンが得意なこと、パソコンが得意なこと

スマートフォンにはさまざまな機能(きのう)があり、小さくて持ち運べるのでいつでもどこでも使うことができます。そのため、スマートフォンだけで十分という人もいます。

しかし一方で、スマートフォンでは大変なこともたくさんあります。たとえば長い文章を書いたり、図表をえがいたり、資料(しりょう)を作成したり、ウェブサイトを作ったり、プログラミングをしたりなどの複雑(ふくざつ)な作業です。これらの作業はパソコンが向いています。仕事ではパソコンが必要なことがたくさんあります。

スマートフォンは電話やSNS(エスエヌエス)でのれんらくや外出時の調べ物などに向いています。パソコンは画面が大きいので、複雑な作業やひかくが必要な調べ物などに向いています。タブレットはその中間です。

パソコン、スマートフォン、タブレットはそれぞれに向いている分野がちがいます。それぞれの機器の使い方を知り、うまく使い分けるようにしましょう。

スマートフォンはコミュニケーションに、パソコンでは作業に向いている
図:スマートフォンはコミュニケーションに、パソコンでは作業に向いている