スマートフォンで支(し)はらいOK。モバイル決済(さい)

スマートフォンやけい帯電話などを使った支はらいサービスを、モバイル決済と呼(よ)びます。専用(せんよう)の読み取り機(リーダー)で情報を読み取り、商品代金や交通運賃(ちん)などの支はらいをします。

モバイル決済(けっさい)システムには、近距離(きんきょり)無線通信技術のFeliCa(フェリカ)をふくむNFC(エヌエフシー)などによるNear Field Communication:ニア フィールド コミュニケーション)を使いかざす方式があります。

NFC方式では、Apple Pay(アップル ペイ)、Android Pay(アンドロイド ペイ)、おサイフケータイがあります。日本国内ではFeliCa方式が使われていて、おサイフケータイでは、Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、楽天Edy(エディ)、WAON(ワオン)、nanaco(ナナコ)などのサービスがあります。

決済(けっさい)に必要な情報(情報)は2次元コードなどを通してスマホとレジの間でやり取りされる方式もあります。

電車代の支はらいも簡単なモバイル決済
図:電車代の支はらいも簡単なモバイル決済