災害(さいがい)時にもスマートフォン・SNS(エスエヌエス)を活用しよう

地震などの大きな災害が起きたときにも、スマートフォンやSNSが活用できます。

たとえば、SNSは家族の無事を確認するためや、交通機関や避難場所の情報を集めるために使えます。市町村などでもSNSを使ってさまざまな情報を発信しているので、自分の住む市町村などのアカウントをフォローしておきましょう。

災害用伝言ダイヤル(171)も便利です。大災害が起きたときに171にダイヤルして音声メッセージを録音したり、再生したりすることができます。けい帯電話会社が災害用伝言板サービスのアプリを用意しているので、ダウンロードしておき、いざというときに使うのもおすすめです。

災害用伝言ダイヤル、伝言けいじ板
図:災害用伝言ダイヤル、伝言けいじ板

災害時は、多くの人がいっせいに電話をかけることでつながりにくくなる「ふくそう」という状態、つまり回線がパンクした状態になります。本当に必要な人も使えなくなくなってしまうので、電話はなるべく使わずSNSを活用してデータ通信を使うようにしましょう。家族の無事を確認するためには、SNSや災害用伝言板サービスを使うようにしましょう。

ふくそうは一度にみんなが電話をかけるとおこってしまう
図:ふくそうは一度にみんなが電話をかけるとおこってしまう