ネットショッピングで買い物をしよう

インターネットで買い物することを、ネットショッピングといいます。

インターネットには様々なオンラインショップがあります。オンラインショップでほしいものを見つけたら、注文してみましょう。名前、住所、支(し)はらい方法などを入力すると、データはオンラインショップのサーバに送られ、注文したものが宅配便(たくはいびん)で送られてきます。

オンラインショップではなく個人(こじん)から物を買うこともできます。フリマサービスは、インターネット上のフリーマーケットです。持ち主が値段(ねだん)をつけて出品したものを買うことができます。

インターネットオークションは、個人が出品したものに対してほしい人同士(どうし)がインターネット上で値段(ねだん)をつけあい、一番高い値段をつけた人が買えるしくみです。

そのほかインターネット上では、物と物とを交かんする、物々交かんなども行われています。

ネットショッピングの支はらい方法

ネットショッピングで商品を買う場合、支はらい方法はいくつかあります。

一つ目は代金引かえ、代引きともいいます。インターネットで買った商品が家に届(とど)いたときに、代金とひきかえに商品を受け取る方法です。商品を家に持ってきてくれた宅配便の人にお金を支はらうしくみです。

二つ目はふりこみです。注文後、銀行か郵便局(ゆうびんきょく)に行って指定の口座(こうざ)に商品代金をふりこみます。ネットバンキングを使えば、銀行に行かなくてもふりこみができます。ネットバンキングでのふりこみは、インターネットで自分の口座にふりこみいらいを送ります。そのふりこみいらいを受けて、自分の口座からオンラインショップの口座にお金がふりこみまれます。ふりこみ後、ショップから商品が送られてきます。

銀行ふりこみでの支はらい
図1:銀行ふりこみでの支はらい

三つ目の方法はクレジットカードばらいです。商品を買うときにネット上でクレジットカード番号を入力します。先に商品が届き、代金は後日クレジットカードから引き落とされるしくみです。

カード番号が入力されると、オンラインショップのサーバがクレジットカード会社のサーバにカードが使えるか問い合わせて確認(かくにん)を取ります。代金は、まずクレジットカード会社からお店に支はらわれます。その後、自分の預金(よきん)している銀行口座から引き落としされます。

クレジットカードでの支はらい
図2:クレジットカードでの支はらい