eラーニングを活用しよう

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの情報機器(じょうほうきき)や、インターネットを使った学習のことをeラーニングと呼(よ)びます。この「e」とは、electronic(エレクトロニック:電子的な)という意味です。

eラーニングの学習教材などは、パソコンなどにダウンロードして使うものと、クラウドサービス型のものがあります。クラウドサービス型は、パソコンなどの機器にソフトをダウンロードして利用するのではなく、使いたいときにインターネットでサービスにアクセスして利用します。

eラーニングの学習教材は、今までの教科書やノートを使った学習とはちがって、自分に合った学習内容(ないよう)を確認(かくにん)したり、苦手なところだけを集めてくりかえし学習したりできます。また、動画でわかりやすく説明されている、英語を音声で聞ける、などのメリットがあります。

また、先生がテスト正解率(せいかいりつ)のデータを分せきして生徒がどこまで理解(りかい)しているかを知ったり、インターネット上で生徒からの質問(しつもん)に回答をしたりすることなどもできます。

自宅(じたく)で自分に合わせた学習ができるeラーニング
図:自宅(じたく)で自分に合わせた学習ができるeラーニング