ホームページで自分の情報(じょうほう)を発信しよう

ホームページはWWWWorld Wide Web:ワールド ワイド ウェブ)上に置かれたコンテンツで、自分で作ることもできます。WWWはインターネット上で様々な情報を発信するためのしくみの一つです。文字だけでなく、写真や動画、音楽などを発信することもできます。

HTMLって何?

ホームページは、HTML(エイチティーエムエル)という決まりで書かれています。HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)という英語の頭文字を取った言葉です。

HTMLタグ」は、内容(ないよう)を見出しにしたり、画像(がぞう)を呼(よ)び出したり、ハイパーリンクの設定(せってい)をしたりする様々な記号です。ハイパーリンクを設定した文字はクリックやタップでき、設定された別のウェブサイトなどが表示(ひょうじ)されます。HTMLタグを使えば、写真・動画・音楽・アニメなどのマルチメディアファイルをページにうめこむこともできます。どのホームページも、HTMLタグを見ることができます。

HTMLとホームページ
図:HTMLとホームページ

CSSって何?

CSS(シーエスエス)とは、Cascading Style Sheets(カスケーディング スタイル シート)という英語の頭文字を取った言葉です。

ホームページの背景(はいけい)の色を変えたり、文字の大きさや色を変えたりなど、HTMLの見た目をよくすることができます。CSSを外部ファイルとして読みこむようにすると、簡単(かんたん)にページの印象を統一(とういつ)したり変更(へんこう)したりできます。

ホームページを公開しよう

ホームページを公開するには、WWWサーバにコンテンツを入れる必要があります。公開すれば、世界中からホームページが見られるようになります。

公開には、URL、ホスト名、ディレクトリ名、ID(アイディー)、パスワードが必要です。このうち、IDとパスワードを使って、WWWサーバにホームページを送ります。IDとパスワードは絶対(ぜったい)に他の人に教えてはいけません。

FTP(エフティーピー・File Transfer Protocol)はファイルを転送するためのしくみです。FTPでコンテンツをパソコンからWWWサーバに送ります。

ホームページの公開
図:ホームページの公開