ネットが現実(げんじつ)を変える

みんながけい帯電話やパソコンなどを持つようになり、SNSを使うようになったことで、一ぱんの人が世界に向けて、情報(じょうほう)を発信し、交かんすることが簡単(かんたん)にできるようになりました。多くの人が団結(だんけつ)して行動できるようになったのです。

スマートフォンでの情報交かんから始まった革命
図:スマートフォンでの情報交かんから始まった革命

2011年、北アフリカのチュニジアで革命(かくめい)が起きました。国を代表する花から、「ジャスミン革命」と呼(よ)ばれています。2010年、警察官(けいさつかん)のひどい行動に対してある青年が自殺を図りました。これをきっかけに、人々が集まり、政府(せいふ)をたおしてしまいました。人々はSNSで情報を交かんして革命を成功させました。このような場面でもインターネットが大きな役目をはたしました。

また、同じ2011年にはジャスミン革命にえいきょうを受け、エジプトでも政権(せいけん)がたおされました。この時も、SNSによる情報交かんが大きな役割(やくわり)をはたしたといわれています。