会社などを支(ささ)えるインターネット

インターネットを利用する会社が増(ふ)えています。これはICT(アイシーティー)(Information and Communication Technology:インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)サービスと呼(よ)ばれるもので、情報(じょうほう)技術(Information Technology)とコミュニケーション(Communication)を合わせてできた言葉です。

多くの会社が、情報発信のためにホームページを作ったり、インターネットショッピングができるオンラインショップを用意したり、お客さんとコミュニケーションするためにSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用したりしています。

クラウドコンピューティングを、こ客情報や利用り歴の分せきに利用しているところもあります。商品・サービスのき画・開発・設計(せっけい)や、仕入れ・発注・調達や、営業力(えいぎょうりょく)や商品力などの経営(けいえい)課題を解決(かいけつ)するためにICTを利用しているところもあります。

ICTを活用することで、世界を相手にモノを売ったり、少ない人数で効率的(こうりつてき)にビジネスができたりしているのです。

商品情報なども世界に簡単(かんたん)に届(とど)けられるインターネット
図:商品情報なども世界に簡単(かんたん)に届(とど)けられるインターネット