個人情報(こじんじょうほう)がもれるとどうなるの?

個人情報の管理はとても大切です。個人情報がもれてしまうと大変なことになります。悪用したい人に個人情報が売られることもあります。

たとえば、メールアドレスがもれたらめいわくメールがきたり、自宅(じたく)の住所がもれたらめいわくなおし売りや空き巣ひがいにあったりすることがあります。学校名や自宅の住所、かお写真がもれてしまったら、ストーカーひがいにあうこともあります。クレジットカード番号などももれてしまうと、お金がとられるひがいにあうこともあります。

また、個人情報を不特定多数の人が見るSNS(エスエヌエス)などの場に公開したり、SNSで知らない人と「友だち」になると、SNSで公開している多くの個人情報が多数の知らない人に見られてしまい、悪意のある大人が見て悪用する可能性(かのうせい)もあります。

知らない人と「友だち」にならないようにしましょう。情報の公開ははん囲を「友だち限定(げんてい)」にするなど、SNSの公開を限定しましょう。友だちの個人情報を勝手に教えたりしてもいけません。

個人情報を公開すると悪用されることもある
図:個人情報を公開すると悪用されることもある